ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 Smart DevicesがAndroidベースのスマートウォッチ「W1」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SmartQシリーズのMIDやタブレットでお馴染みの中国 Smart Devicesが同社初のスマートウォッチ「W1」を開発しているそうです。そのプレス画像や実機写真が中国のサイトで公開されました。W1は、Bluetooth v4.0/LEに対応したスマートウォッチで、1.55インチのLG製カラー液晶を採用しており、タッチパネルで操作を行なうことができるそうです。ファームウェアはAndroid 4.1(Jelly Bean)ベースのものが搭載されており、通話、SMSやEメールの送受信、アラーム、カレンダー、音楽プレイヤーなどの機能を利用することができるとされています。また、Wi-Fi機能、デジタルコンパス、加速度センサー、ジャイロセンサーなども搭載されているそうです。腕時計型のAndroidスマートフォンといった製品なのでしょうか。W1はまもなく正式に発表され、9月中に発売されると伝えられています。Source : Padhz.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter公式Androidアプリのタブレット版はこんな感じ、未提供バージョンのapkファイルが流出
IFA 2013 : Xperia Z1の新しいカメラ機能「Social Live」のデモ動画
Moto XのSprint、U.S. Cellular、Rogers、南米モデルはブートローダーのアンロックに対応。欧州でも発売される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP