ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.2.2にアップデートした「Xperia A SO-04E」で、ドロワー上から消えた「スマートコネクト」アプリを起動する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモの「Xperia A SO-04E」で最近実施されたAndroid 4.2.2へのアップデートで、Sony MobileがXperiaスマートフォンに提供している周辺機器管理&タスク自動化アプリ「スマートコネクト」がアプリドロワー上から消え去りました。アプリアイコンはドロワー上から消えて、従来のようにアプリを起動することはできなくなりましたが、アプリが使えなくなったのではありません。アップデートによって「スマートコネクト」はシステムに統合され、Xperia Aの設定メニューを表示後、「Xperia」を開くと「スマートコネクト」が表示されるので、その項目をタップすれば、従来どおりにアプリを使用できます。Google Playストアのアプリページを開いても「開く」ボタンが表示されなくなったので、しばらくどうやって起動すればよいのか悩んでいましたが、設定メニュー内を探していると見つかりました。「スマートコネクト」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia ZR用CyanogenMod 10.1の提供が開始
音声検索ロボット : ネットの検索から端末の設定変更までを音声操作で実行できるAndroidアプリ
IFA 2013 : Galaxy S 4用の外付け電子ペーパーディスプレイ「Pocketbook Cover Reader」が発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP