ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ご当地スマホケース」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまや一大産業になりつつあるスマホアクセサリー。そんななか、「ご当地ブーム」の流れを受けて、地元の名産品をモチーフにした「ご当地スマホケース」が人気を呼んでいる。リアルな食品サンプルがあしらわれた「小田原名産・アジの開きケース」や、静岡のうなぎをイメージした「国産うなぎの蒲焼ケース」は売り切れ続出。静岡県焼津名物・魚河岸の和柄をあしらったものも人気だ。また最近では、地元の有名企業や老舗とコラボしたご当地スマホケースも増加中。かまぼこの老舗「鈴廣」による「かまぼこiPhoneカバー」をはじめ、金沢カレー店「ゴーゴーカレー」や、長崎ちゃんぽん「リンガーハット」のロゴ入りスマホカバーが登場するなど、盛り上がりを見せている。
(R25編集部)

「ご当地スマホケース」とは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
技で“魅せる”iPhoneケース
プチプチし放題のスマホケース
自家発電できる生き物の正体は…
「世田谷」ナンバー導入で賛否二分
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP