ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

視力低下の病に悩んだ藤圭子「光が失われないで」と娘を命名

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月22日に東京・新宿の高層マンションから飛び降り、自殺した藤圭子さん(享年62)は、失明に対する恐怖と持ち続けていたという。

「藤さんのお母さんは徐々に視力が低下する病を抱えていたんですが、藤さんもまたヒカルさんがまだ生まれる前から視力が少しずつ低下していったんです」(音楽関係者)

 藤さんの母の病名は「網膜色素変性症」。3000人から8000人に1人が発症するといわれる難病だった。井上眼科病院の井上賢治院長が説明する。

「目の網膜にある視細胞と呼ばれる光を感じる細胞が著しく弱くなっていく病気です。原因ははっきりとはわかっていないのですが、子供や孫へ遺伝する可能性が高いといわれています」

 事実、藤さんだけでなく、兄で元歌手の藤三郎氏(63才)、また藤さんの姉も視力の低下に悩まされていた。藤さんが娘の宇多田ヒカル(30才)を授かった時に、いちばん心配したのもこのことだった。

 わが子の目からはいつまでも光が失われないでほしい。そう切なる願いを込めて「光」と名付けたのだという。

「ヒカルさんは藤さんから目のことを何度も聞かされていました。だから、“自分もいつかは失明してしまうかもしれない”という恐怖を抱いていたと思いますよ。そんな不安も、幸せな家庭へと彼女を駆り立てる要因のひとつになったのではないでしょうか」(前出・音楽関係者)

※女性セブン2013年9月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
故藤圭子さん 元夫・照實氏と実兄の間で納骨先をめぐる争い
藤圭子さん 米国滞在時、愛車に乗り家族3人で7年間地方旅行

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP