ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2013 : パナソニック、20インチ4Kタブレット「Toughpad 4K」を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックがIFA 2013で20インチの4Kタブレット「Toughpad 4K」を披露しました。今年のCESで“4K Tablet”として展示されていたものみたいですね。「Toughpad 4K」は20インチ3,840 x 2,560ピクセル(230ppi)のIPS液晶ディスプレイを搭載したWindows 8タブレット(Windows 8.1で発売となる見込み)。フォトグラファーや建築家、撮影監督を始めとしたクリエイティブ系の職業の方に向けた製品とされています。

約2.3kgのボディには、Intel Core i5プロセッサ、NVIDIA GeForce GT 745Mグラフィックカード、8GBのRAM、128GB/156GB のSSD、USB 3.0端子、SDカードスロット、Wi-Fi機能、Bluetooth機能などを搭載。前面にHD動画の撮影も可能なWEBカメラも付いているそうです。詳細仕様は公開されていませんが、Toughpadブランドの製品なので本体は防水、防塵、耐衝撃性を備えた堅牢ボディとなっていることでしょう(76cmの落下試験はクリアしたとされています)。Toughpad 4Kには2,048段階で筆圧を感知するBluetothペン「Panasonic Electronic Touch Pen」、LANポートやHDMI端子を備えたクレードルなどのアクセサリーも別売で提供されるそうです。クレードルにタブレットを置けばデスクトップPCのようにして使用することもできるでしょう。Toughpad 4Kの発売時期は2013年11月頃。2014年Q1にはCPUとグラフィックカードをアップグレードして、CADデザインや3Dシミュレーションにも耐えうるパフォーマンスモデルを発売する計画もあるそうです。現時点での発売予定地域は欧州、日本、米国、カナダとされています。Source : PCMag



(juggly.cn)記事関連リンク
PQI Japan、スマートフォン/タブレット/PCに直刺しできるUSBフラシュメモリ「Connect 201」を9月13日に発売
「MyGlass」アプリがアップデート、Google Glassのリモート操作機能が追加
Android版「Evernote」がv5.3にアップデート、画像やPDFへの注釈が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。