ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本HP、「Slatebook10 X2」と「Slate21」の発売時期を9月下旬に延期

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本HPがTegra 4を搭載した「Slatebook10 X2」と「Slate21」の発売時期を9月下旬に延期しました。2機種とも7月下旬の製品発表から本日午前中くらいまで発売時期は“9月上旬”となっていましたが、午後に9月下旬に変更されました。延期となった理由は不明ですが、発売までもうしばらく待つ必要があります。「Slatebook10 x2」は、10.1インチ1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のIPS液晶とTegra 4プロセッサを搭載したノートPCBで、ディスプレイ部分とキーボード部分が分離する仕組みとなっており、ディスプレイを取り外すとそのままAndroidタブレットとして利用できます。「Slate21」は、21.5インチ1,920×1,080ピクセルのマルチタッチ液晶(IPS)を搭載したAndroidパソコン。背面にスタンドが備えられており、デスクの上などに立てるとデスクトップPCとして利用でき、閉じれば21.5インチビッグサイズのAndroidタブレットとして利用できます。Source : HP Directplus(Slatebook10 X2)(Slate21



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5と思われるLG製「LG-D820」がFCCの認証を取得、画面サイズは約4.96インチ、Snapdragon MSM8974プロセッサを搭載
MMD総研、次期iPhoneの購入意識調査を実施、購入希望者は58.4%、そのうちキャリアをまだ決めてない方は31.4%
「Music Unlimited」のAndroidアプリがAndroid 4.3をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP