体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「将来お金持ちになる男」の見分け方

「将来お金持ちになる男」の見分け方
 お金持ちと結婚して玉の輿に乗りたい、と願う女性は多いかと思いますが、この不安定な世の中では、今お金持ちだったとしても、10年後や20年後もまだお金持ちかどうかはわかりません。
 それよりも、“これからお金持ちになる男性”を見つけて、育てる方が、女は幸せになれると説くのが、実業家・与沢翼さんの恋人であり、自身も経営者である山田るり子さんです。
 山田さんは、著書『「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。』(サンマーク出版/刊)で、これからお金持ちになれる素質のある男性の習慣や考え方をつづっていますが、そもそも“お金持ちになる男性”とはどのような人なのでしょうか。
 今回はご本人を直撃。お話をうかがってきました。

■「将来お金持ちになる男」の見分け方とは?
―今回出版された『「お金持ちになる彼」を見つけて、育てました。』についてお話を伺えればと思います。本書には、今はお金持ちではなくても、「これからお金持ちになる資質のある男性」の性格や考え方について書かれていますが、その他の、たとえば容姿などの部分で、そういった男性に共通するものはありますか?

山田「基本的には性格と考え方がほとんど全てだと思っています。
今は見た目でお金持ちかどうかを判断しにくいじゃないですか。服装がだらしなくてもお金持ちだという人もいますし。昔は高価な時計を持っていたり、いいスーツを着ていたり、というのはあったと思うんですけど、今は逆に、成功してお金持ちになったからこそ、型にはまらずに自由な格好をしていられるところがありますよね」

―確かに「わかりやすいお金持ち」は減っている気がしますね。

山田「そうですね。だから、容姿はあまり関係ないと思います。
考え方や性格以外というところですと、あとは態度と話し方ですね。“将来お金持ちになる人”の特徴として、しぐさや動作が落ち着いていて、自信があります。話し方も一方的に話すのではなくて、相手の話を聞く耳を持っているというのは言えると思います」

―山田さんは、実業家の与沢翼さんの恋人であることが知られていますけども、与沢さんのどういうところに、“将来お金持ちになる”可能性を感じたのですか?

山田「まず、仕事をものすごく一生懸命やるんですよ。普通だったらこの辺で諦めるだろうな、というところでも絶対に諦めないんです。
あとは、壮大な夢を持っているところですね。ただ、夢を語るだけの人もいると思うんですけど、彼はそれに向かって行動を起こしていたし、集中して取り組んで、こつこつ実績を積み上げていました。言ったことは必ずやるというのも大事だと思います」

―山田さんのように、「将来お金持ちになる男性」とお付き合いして幸せになれる女性もいれば、そうでない人もいます。この違いはどんなところから生まれるのでしょうか。

山田「これは単純に、男性と一緒に成長していこうという意欲があるかどうかというところだと思います。
一緒に成長していこうという意欲がないと、男性の方だけがどんどん成功していって、女性がついていけなくなってしまうということが起こります。もちろん、“がんばっている彼を料理などで支えてあげたい”というのが悪いわけではないんですけど、それに加えて、彼の仕事についても、他人事ではなく自分のことだと思って関心を持つこと、自分も何かしら新しい世界を見つけて、勉強し続けることが大事ですね。
“彼の言っていることはよくわからない。でも好き”という考えだと、いつかついていけなくなってしまいます」

―「お金持ちになる彼」を育てるための女性側の習慣として「男性の話をすべて聞く」というのがありましたけども、これは簡単そうでなかなか難しいことですよね。

山田「相手が話すということは、こちらが興味を持って知りたいと思っていることの答えを、相手がどんどん教えてくれることだと思っているので、私は難しいとは思わないです。
人って誰でも、自己顕示欲はありますし、自分のことを話したいと思うんですよ。自分の話を聞いてほしいと思っているんです。それがわかっているから、相手の話は全部聞きますね」

―逆に、男性の方も女性の話は全部聞いてあげたほうがいいのでしょうか?

山田「そう思います。自分はしゃべらずに、聞いているだけでいいんです。そういう人の方が“この人は話を聞いてくれる人だ”と思えて、女性の方も話やすいので。
自分を賢くみせようとする男性にありがちなんですけど、変に“それって○○だよね”と合の手を入れたり、否定したり、自分の知識をひけらかしたりするとかえってしゃべりにくかったりします。
翼にしても、普段は本当に聞いているだけですよ。たまに、自分がおもしろいと思ったところにだけ相槌を打つとか、そのくらい。それで十分だと思います」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。