ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IFA 2013 : Sony、Android 4.1を搭載したウォークマン「NWZ-F886」を発表、NFCとハイレゾオーディオに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月4日、Androidを搭載したウォークマン新モデル「NWZ-F886 Walkman」を発表しました。F886は2012年秋に発売されたF800シリーズの一つで、新モデルでは、NFCに対応し、ワンタッチ接続で他のNFC対応機器とBluetoothペアリングやBluetooth接続などを行なうことができるようなり、サンプリング周波数192KHz/24bitのハイレゾオーディオに対応したことが特徴となっています。ハイレゾオーディオはWAV/AIFF/FLAC/Apple lossless形式がサポートされています。ディスプレイは4.0インチWVGAのTFT液晶(Triluminos display for mobile採用)、プロセッサ・RAM容量は不明。内蔵ストレージの容量32GB(1種類だけ)、Micro SDカードスロットやカメラはは非搭載。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Google Playに対応しており、Googleアプリを利用できるほか、Google Playストアからアプリをダウンロードできます。オーディオ機能では、デジタルアンプ「S-Master HX」、圧縮で失われがちな高音域をクリアに 再生する「DSEE」、「ClearAudio+」、デジタルノイズキャンセリング機能などに対応。バッテリー駆動時間はMP3の再生で最大35時間、ハイレゾ再生(96khz/24bit)で最大26時間、ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetoth v3.0(A2DP/AVRCP/OPP/HID)、NFCに対応しています。本体サイズは116 x 58.7 x 8.6mm、質量は103g。F886の発売スケジュールは英国で10月。価格はVAT込みで£249(約38,700円)。Source : Sony UKSony Europe



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1の製品箱や開封中の写真
IFA 2013 : パナソニック、20インチ4Kタブレット「Toughpad 4K」を披露
IFA 2013 : Sony Mobile、新型SmartTags「NT3」、NFCやapt-x対応のBluetoothミュージックレシーバー「BM10」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。