ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年8月)、Jelly Beanのシェアが45%を上回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Developersの公式サイトにて、2013年8月のAndroidバージョン別シェアが公開されました。バージョン別シェアの順位は、1位がJelly Bean(40.5%→45.1%)、2位がGingerbread(33.1%→30.7%)、3位がICS(22.5%→21.7%)、4位がFroyo(2.5%→2.4%)、5位がHoneycomb(0.1%→0.1%)という結果。今回もJelly Beanのみシェア増となり、他のバージョンはシェア減という状況でした。昨日Android 4.4“KitKat”が発表されましたが、リリースは10月頃になる見込みなので、年内はJelly Beanのシェア増は止まらないと予想されます。今回のシェアの増加を見ると、Jelly Beanは次回で50%を上回ることが予想されます。UIデザインが一新したHoneycomb以上とそれよりも前のバージョンで分けると、Honeycomb以上は前回から3ポイント増となる66.9%、Gingerbread以下は33.1%となります。Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2013 : Sony Mobile、新型SmartTags「NT3」、NFCやapt-x対応のBluetoothミュージックレシーバー「BM10」を発表
IFA 2013 : Snapdragon 800を搭載したGalaxy S 4(GT-I9506)がIFA会場に展示
IFA 2013 : Lenovo、7インチで薄型軽量のAndroidタブレット「Lenovo S5000」を発表、厚さは7.9mm、質量は246g

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP