ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

QualcommがMirasolディスプレイを搭載したAndroid対応のスマートウォッチ「Qualcomm Toq」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Qualcommの子会社 Qualcomm Connected ExperiencesがMirasolディスプレイを搭載したAndroid対応のスマートウォッチ「Qualcomm Toq(トーク)」を発表しました。Toqは、QualcommのMirasolディスプレイを採用したAndroidスマートフォン向けのスマートウォッチ。Mirasolは、MEMS方式を採用した反射型表示型ディスプレイで、太陽光や照明などの外部光源を反射して表示を行うことから、バックライトを使用した従来型のLCDと比べて消費電力は格段に少なく、また、屋外での視認性も良いことが特徴です。そのため、Toqは“常時ON、常時接続、常時表示”を基本としており、電源のON/OFFボタンは不要、一回の充電で丸2日は持つとされています。また、ToqはWiPower LEワイヤレス充電もサポートしており、製品付属のケースにおくだけで充電することができます。機能面は、スマートフォンとBluetothで通信を行い、スマートフォンの着信やテキストメッセージ、カレンダーの予定を通知することができるほか、Qualcomm Innovation Centerが提供するAllJoynフレームワークをアプリに導入することで、自身のアプリからToqに通知を送信することもできるとされています。商品にはイヤーフック型のBluetothヘッドセットが付属します。Toqは2013年10月上旬に発売される予定で、近日中に予約受付が開始されることになっています。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
IFA 2013 : Lenovo、7インチで薄型軽量のAndroidタブレット「Lenovo S5000」を発表、厚さは7.9mm、質量は246g
KDDI版「LG G2」と思われる「KDDI JFK」がGFX Benchmarkに登場
IFA 2013 : Lenovoが新ブランド名を採用したスマートフォン「Lenovo Vibe X」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。