ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユーミン、新曲“今だけを きみだけを”は新ドラマ〈ダンダリン〉主題歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」

 

松任谷由実が、日本テレビで10月2日にスタートする新ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」の主題歌を担当することが決定した。 


松任谷由実

現在オンエア中の「Woman」に続いて毎週水曜22:00からの〈水曜ドラマ〉枠で放送されるこの番組は、田島隆(原作)と鈴木マサカズ(作画)によるコミック「ダンダリン一〇一」を映像化したもの。日テレの連ドラ初主演となる竹内結子が、ルールを守るためなら曲がらない/止まらないというまっすぐな性格の労働基準監督官・段田凛(ダンダリン)を演じるほか、松坂桃李、風間俊介、水橋研二、トリンドル玲奈、大島蓉子、西田尚美、石野真子、大倉孝二、佐野史郎、北村一輝らが出演。労働基準監督署を舞台に〈働く人を守るために、必死で働く人たちの物語〉が展開される。

そんな〈ダンダリン〉に、ユーミンはドラマの内容をベースに書き下ろした新曲“今だけを きみだけを”を提供。番組のテーマがポップ・ソングのなかに落としこまれた、アップ・テンポの切ない楽曲に仕上がっているという。彼女が日テレのゴールデンタイムの連ドラ主題歌を担当するのは「たたかうお嫁さま」に起用された“輪舞曲(ロンド)”以来18年ぶりのことで、「“今だけを きみだけを”それはきみとの未来に希望を感じるため、きみとの思い出を大切にするため、そんな想いと主人公の日々とを重ねあわせてこの曲をつくりました」とのコメントを寄せている。なお、“今だけを きみだけを”は本日9月4日放送分の「Woman」の番組終了後にオンエアされる予定なので、気になる人は忘れずにチェックを!

 

三上絵里子(番組プロデューサー) コメント

自分の信念をつらぬくって難しい、だけどブレないように、頑張って今日も自分のやるべきことをやる。そんな主人公を描いて、見て頂けた方々がちょっとでも〈明日も頑張ろう〉と思っていただけるようなドラマを届けたいと思った時に、ユーミンが頭の中で鳴りました。ユーミンの身体中に届く歌声とメロディで、ドラマのメッセージを後押しして頂きたい、と。初めてデモを聞かせて頂いた時は、思わず眼をつむりました。〈今〉を過ごす私たちの身体中に、この曲が届くのが楽しみです。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP