体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

今回は取土十三さんのブログ『無駄話』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/411576をごらんください。

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

さよならタマちゃん
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/tama01.jpg

2013年、今年一番オススメしたい作品。雑誌で読み続けて、何度も何度も泣いて、何度も何度も励まされた作品。リアルで辛い時、本当に助けてもらった作品。本当は作者さんに対して頑張れって言わなきゃいけないのは分かってるんです。でも、作品からはずっと、ずっと・・・、頑張れ、頑張れって言われてるような気がして・・・。

俺はどうしてもこの「さよならタマちゃん」を皆に読んでほしい・・・。

昨年からイブニングで連載していた「さよならタマちゃん」。タマちゃんというと、アザラシのタマちゃんを思い浮かべるかもしません。しかし、この作品の“タマちゃん”は男性の下半身的な“タマちゃん”を指します。その“タマちゃん”が“さよなら”になるという作品です。

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

精巣腫瘍になりましてん
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/tama02.jpg

どんな健康な人であっても、どれだけ怪我をしないように気を付けていても、“病気”というものはいつ来るか分かりません。この作品は、作者の武田一義先生(病気当時はアシスタント)が自身に起きた、「精巣腫瘍」という睾丸の癌への闘病記を描いたものです。武田先生の場合、睾丸の方は早期発見だったそうですが、肺にまで転移しており・・・それはもう辛かったようです。

皆さんがもし癌になったらどう対応するでしょう。空元気でも出しますか?落ち込みっぱなしかもしれませんし、今のままの気持ちかもしれません。そのあたりはイメージトレーニングをしても分かりませんよね。やっぱり病気になってみないと何かもが分かりません。もし仮に病気になった時、あなたの側に支えてくれる人はいますか?同じ病院で出会う人たちとどんな会話をしますか?

この本が回答書だとは思いません。ただ、武田一義という漫画家さんが、体験した全てを・・・渾身の一冊にまとめた。そんな本を読むことで得られるものってきっと多いと思うんですよ。

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

味覚障害とか
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/tama03.jpg

とにかく闘病生活は大変だったようです。薬も色々と投与され、武田先生は特に吐き気が大変だったそうです。こういうのって結構、個人差があるようですね。とにかくもうこの作品では・・・武田先生ずっとゲーゲーしています。食べたら吐く。そのため食べなくなったり、ニオイも音も辛くなったりしたそうな・・・。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。