ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DaizyStripperが首位! 8月のタワレコ全店インディーズ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年8月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. DaizyStripper “HELLO,again”
2. G-FREAK FACTORY 『S.O.S』
3. WHY@DOLL “ふわふわ♪Party”
4. BIGMAMA “alongside”
5. GOOD ON THE REEL 『マリヴロンの四季』
6. tricot “おやすみ”
7. Goose house 『Goose house Phrase #07 Soundtrack?』
8. KANA-BOON 『僕がCDを出したら』
9. 片想い 『片想インダハウス』
10. 青山☆聖ハチャメチャハイスクール “サマーオブラブ”

 

8月のチャートでトップに立ったのは、ヴィジュアル系バンドのDaizyStripperが5か月連続リリースの第4弾として発表したシングル“HELLO, again”。前作“嘘と陽炎”も7月のチャートで6位という好結果を残しましたが、大切な人を想って歌われたこのバラード・シングルでついにNo.1に輝きました! 

2位にはミクスチャー・バンドのG-FREAK FACTORYが9年ぶりに放ったオリジナル・アルバム『S.O.S』、3位には北海道を拠点に活動する3人組アイドル・グループのWHY@DOLLによる最新シングル“ふわふわ♪Party”がランクイン。さらにBIGMAMA、GOOD ON THE REEL、tricot、Goose house、片想いといった注目バンドの新作や、7人組アイドル・グループの青山☆聖ハチャメチャハイスクールのシングルが初登場しました。メジャー・デビューが決定したKANA-BOONの初の全国流通盤『僕がCDを出したら』も息の長いヒットとなっています。

★タワーレコードのチャートに関するニュース記事一覧はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP