ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中国 Meizuが新フラッグシップ「Meizu MX3」を正式発表、5.1インチ1,800 x 1,080ピクセルのシャープ製液晶、Exynos 5410 8コアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

中国のスマートフォンメーカー 魅族(Meizu)が同社のスマートフォン新フラッグシップとなる「Meizu MX3」を正式発表しました。Meizu MX3は、同社が昨年12月に発売した「Meizu MX2」の後継製品です。新モデルでは、画面サイズが5.1に拡大され、解像度も1,800 x 1,080ピクセル(415ppi)に向上したほか、プロセッサがbig.LITTLE処理に対応した8コアプロセッサ「Exynos 5410」にアップグレードされるなど内部仕様も強化されています。ファームウェアはAndroid 4.2ベースのFlyme 3.0を搭載します。Flyme 3.0では大画面スマートフォンを片手でも操作しやくする変更を中心にFlyme 2.0からアップデートされたそうです。Meizu MX3のラインアップはストレージ容量別に16GB/32GB/64GB/128GBの4種類。32GBモデル以降はNFCに対応しますが、16GBモデルは非対応です。価格は、16GBモデルが2,499元、32GBモデルが2,699元、64GBモデルが2,999元、128GBモデルが3,999元。本日よりMeizuの公式サイトで予約受付が行われています。

Meizu MX3の本体サイズは139mm x 71.9mm x 9.1mm、質量は143g。前作Meizu MX2と比較して縦横のサイズは大きくなりましたが、薄くなり質量も変化していません。両サイドのベゼル幅は片方2.9mmとされています。ディスプレイはシャープ製のCGシリコン液晶で、タッチパネルにはTOL(Touch on lens)が採用されています。プロセッサはGalaxy S 4 GT-I9500に搭載されたExynos 5410(Cortex-A15 x 4 1.6GHz+Cortex-A7 x 4 1.2GHz)、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB/64GB/128GB。カメラは背面に800万画素のSony製第3世代裏面照射型CMOSを搭載。富士通製のISPが採用されており、レンズも新しくなっています。前面にもSony製の200万画素カメラ(裏面照射型CMOS)が搭載されています。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC(16GBモデルは非対応)、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/2100MHz)に対応。バッテリー容量は2,400mAhです。Source : Meizu(Weibo)(公式サイト



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note IIIはAndroid 4.3を標準搭載する模様、「端末情報」のスクリーンショットが流出
Android版BBMのデモ動画が非公式に公開
Sony、ヘッドマウントディスプレイ新モデル「HMZ-T3」と「HMZ-T3W」を発表、11月中旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。