ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ローマのマニアックゲームショップ店主「Xbox360の時代は終わろうとしている」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ローマでの最強のマニアック度を誇るゲームショップ『Player.one』があるのは、イタリア鉄道・ノメンティーナ(Nomentana)駅から徒歩3分のラゴティーナ通り。この地域にはこれといった観光名所はなく、ベッドタウンとしてローマの人々が暮らしている。ヨーロッパ的な建物よりも、近代的な日本や北米のようなマンションが立ち並ぶ地域でもある。今回は、取材を快諾してくださった『Player.one』にヨーロッパのゲーム業界の現状をお聞きした。

●嘘はつけないからPS3版をオススメする
記者  日本ではPS3が上り調子だがイタリアではどうか?
店主  イタリアというよりヨーロッパ全体でPS3が人気だね。
記者  ヨーロッパの他国ではXbox360がナンバーワンとの声が強かったが?
店主  人気はあるよ。でも衰えてきている。今って、PS3とXbox360で同タイトルのゲームが出てるでしょ。ほとんどの客がPS3版を買っていくよ。ウチも嘘はつけないからPS3版をオススメするしね。
記者  それならば、Xbox360に「人気がある」というのは矛盾しているのでは?
店主  「まだ人気はある」という意味。しかし衰えてきている。「右肩下がり」でXbox360の時代は終わろうとしている。

●機能が減ってるのに高いんだもん
記者  でも日本では、『ベヨネッタ』を例にあげるとXbox360のほうが良いとされています。
店主  『ベヨネッタ』やってる? Xbox360の日本版で俺もやってる(笑)。
記者  なんだ、Xbox360でやってるんじゃないですか。
店主  人気度でいうとXbox360が良くないというだけ。ダメなハードではない。
記者  人気度で順位をつけると、どのハードが人気ですか?
店主  ハードではWiiとPS3が同順位かな。そしてXbox360、ニンテンドーDS、そしてPSP。
記者  わかりきっていることを聞きますが、PSPgoは……。
店主  so bad!! 終わってる(笑)。ほら、ここに一応陳列してるけど(笑)。売れない(笑)。
記者  笑っちゃうほど売れないのですね。
店主  誰も買わないよ。機能が減ってるのに高いんだもん。

●売れ筋はやっぱりマリオ
記者  最近の売れ筋ゲームは何ですか?
店主  ダントツで『New スーパーマリオブラザーズ Wii』だね。これは死ぬほど売れてる。
記者  日本で高評価でした。
店主  次は『アサシンクリード2』が同じくらい売れてる。『コールオブデューティ2』もいまだに売れてるね。
記者  『アサシンクリード2』はXbox360版ですか?
店主  どっちも売れてるけどPS3版のほうが人気あるよ。
記者  ニンテンドーDSでは?
店主  『ゼルダ』だね。コンスタントに売れてるよ。

PS3の快進撃によって苦戦を強いられているXbox360。しかし、店主が言っていたのは「Xbox360はダメじゃないが衰えている」ということ。ハードがダメなわけではなく、どのハードにもやってくる “寿命” がそろそろ……ということなのだろう。ちなみに、日本で言うところのワゴンセール(投げ売り)状態になっているゲームソフトも多数売られていた。特にPSPと初代Xboxのゲームソフトが多いようだ。

最後に、どうして『Player.one』がマニアックなゲームショップなのかを説明しよう。ヨーロッパにおいて “ゲームショップ専門店” はさほど多くなく、ゲームソフトを売っていたとしても店員がゲームに関する知識をそれほど持っていないケースが多い。しかし、『Player.one』のスタッフは生粋のゲーマーで、日本から輸入したゲームを遊びまくっている人物である。現在のヨーロッパのゲーム業界に関しても精通しており、冷静に先を読み、ゲーム業界の流れを把握している。もしローマに行く機会があれば、もしくは住む機会があれば、『Player.one』に足を運んでみるといい。観光客が行く場所ではないが、ゲームの情報をどこよりも正確で早く手に入れることができるだろう。

店名: Player.one
住所: Via Lago Tana 10b Roma Lazio Italy
最寄駅: トレニタリア国鉄・Nomentana駅

■最近の注目記事
ローマのマニアックゲームショップ店主「Xbox360の時代は終わろうとしている」
写真で見る『ジョジョの奇妙な冒険』第五部の世界 ~コロッセオ編~
日本一インスタントラーメンを食べる女が絶賛する『男の汁なし麺』
『ヤフオク』より格安で落札できる『ヤスオク』! 確かに嘘じゃない!
『ヤフオク』じゃなくて『ヤスオク』登場! ネットでは不信感も

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP