ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、質量84gの小型軽量ボディに2,800mAhバッテリーを内蔵したスティックタイプのUSBポータブル電源「CP-V3」を10月25日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月2日、スティックタイプのUSBポータブル電源の新製品「CP-V3」を発表しました。発売予定日は10月25日。価格はオープンですが、実勢価格は2,500円前後とのことです。「CP-V3」は、本体サイズ99.0 × 38.8 x 19.0mm、質量84gの小型軽量のボディに、容量2,800mAh・1,000回の繰り返し充電が可能なリチウムイオンポリマーバッテリーを内蔵した製品で、現在発売中の同種のUSBポータブル電源「CP-ESLVP」と比較して、3g軽量化されたものの、容量は40%増えています。また、出力電流も5V/1.5Aとなり(CP-ESLVPは5V/1A)、スマートフォンの急速充電も可能になりました。カラバリはホワイト、ブラック、クリームブルー、クリームピンク、レッドの5色です。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
中国 Meizuが新フラッグシップ「Meizu MX3」を正式発表、5.1インチ1,800 x 1,080ピクセルのシャープ製液晶、Exynos 5410 8コアプロセッサを搭載
Galaxy Note III製品版の予想図
ロシア企業の2画面スマートフォン「YotaPhone」はロシアで今年11月に発売される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。