ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile “Honami”は中国では4,999元で販売されるとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの次期フラッグシップ“Honami”の中国における販売価格の情報がネット上で伝えられていました。IT168の記事によると、“Honami”の3G HSPA+版となる「L36h/C6902」が中国では4,999元(約8万円)の価格で販売される予定となっているそうです。この価格はXperia Z(発売時4,699元)、Xperia Z Ultra(発売時5,299元)のほぼ中間となります。“Honami”は、9月4日にドイツ・ベルリンで開催されるIFA 2013のプレスカンファレンスで発表される見込みです。これまでに、5インチ1,920✗1,080ピクセルのTFT液晶、2.2GHz駆動のSnapdragon 800クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、背面に2,000万画素カメラ(1/2.3型CMOS、開放F値2.0のGレンズ採用)、3,000mAhバッテリーを搭載。本体サイズは144mm × 74mm × 8.5mm、質量は169g。IP58レベルの防水・防塵に対応すると伝えられています。Source : IT168



(juggly.cn)記事関連リンク
中国 Meizuが新フラッグシップ「Meizu MX3」を正式発表、5.1インチ1,800 x 1,080ピクセルのシャープ製液晶、Exynos 5410 8コアプロセッサを搭載
Galaxy Note III製品版の予想図
ロシア企業の2画面スマートフォン「YotaPhone」はロシアで今年11月に発売される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP