ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若い女性に話題のiPhoneアプリ「マヂヤミ彼女」の“ミオヤマザキ”って何者!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今、"ミオヤマザキ"というインディーズバンドが若い女性の間でクチコミで話題になっている。しかし、"ミオヤマザキ"というバンドはメディア露出はおろか、CDやPVすらもない。果たして、彼女たちは何者なのだろうか?

そんな”ミオヤマザキ”をクチコミで広げているのは、「マヂヤミ彼女」というiPhoneアプリだ。「マヂヤミ彼女」はミュージックゲームカテゴリで国内第一位を獲得し、既に10万ダウンロードを超している。

このアプリのリリースをきっかけに、たった数日間でTwitterのフォロワーを数千人規模で増やし、それと同時に YouTubeでの再生回数もインディーズバンドとは思えない速度で伸ばしている。何がそんなに彼女たちを惹きつけるのだろうか。それは曲の一節から垣間みることができる。

「どうせ私の事なんて
誰も理解してくれないんだ。
もういっそ消えちゃえば良いんだよね。」

「結局アナタもみんなと同じ。
愛してるって言ってたのは全部嘘。」

「既読が付くまでの30分 一体何をしてたの?
返信来るまでの3時間 一体何をしてたの?
空白の3.5時間 ”一体誰と繋がっていたの?”」

今の若い人たちが心の奥底で抱える不安や恐怖…といった、今まで誰もが思っていても言えなかった“陰”を真っすぐに表現している。そして、そのリアルで生々しい歌詞は、誰もが普段隠している気持ちを解放してくれる。生きることで光を見失いかけた人の心を全力で歌っているのだ。

“ミオヤマザキ”に出会った人はtwitterでつぶやく。

“自分は普通とは違う。
きっと分かってもらえない”
そんな風に思うのはやめた。
とても共感できる曲を見つけたの。
曲を聴きながらこんなに泣いたの初めてかもしれない。
私はこの人に救われた。ミオヤマザキ。
頑なに閉じた心を開けてくれた。

そして、”ミオヤマザキ”は素直な言葉でつぶやき返す。

いつかいなくなっちゃうかもしれない
いつか飽きられるかもしれない
いつか嫌われるかもしれない
悲しいけど
出会えた事を大切に大切にするよ

“ミオヤマザキ”から感じる大きな闇は、これからも多くの人を魅了していくだろう。まずは、”ミオヤマザキ”の世界観が表現されたiPhoneアプリを是非体験して頂きたい。


(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ミオヤマザキ オフィシャルHP
重たい重たい愛のゲーム 「マヂヤミ彼女」

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。