ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Facebook Homeのカバーフィード風機能を備えたAndroidホームアプリ「Alias Home」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Facebook Homeのカバーフィードと通常のホーム画面を備えたハイブリッドタイプのホームアプリ「Alias Home – Facebook Launcher」がGoogle Playストアでリリースされました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.3.3以上を搭載した端末です。「Alias Home」はデフォルト5面のホーム画面を備えたホームアプリなのですが、その1枚がFacebookのホームアプリ「Facebook Home」のホーム画面に設定されている「カバーフィード」の機能を持っており、通常のAndroid端末のようにホーム画面からアプリを起動したりすることのほか、ホーム画面を切り替えるだけでカバーフィード風の画面からFacebookタイムラインの投稿を閲覧したり、“いいね!”やコメントを付けたりすることができます。カバーフィードパネルの投稿は自動的に変わる仕組みとなっており、画面に触れなくても最新の投稿を順に閲覧することができます。また、メニューボタンからログアウトボタンをタップすると投稿の表示を止めることもできます(通信させたくない場合に重宝します)。ホーム画面の機能は各パネル上にアプリアイコンやショートカット、ウィジェットを配置したり、壁紙を変えたり、アプリドロワーを開いてアプリを起動することができます。ホーム画面の全てには下部にブラウザ、電話アプリ、SMSアプリ、アドレス帳のショートカットが表示されます。「Alias Home」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
富士通のNTTドコモ向け冬モデル「F-01F」がGCFの認証を取得
NTTドコモ、「MEDIAS X N-07D」と「AQUOS PAD SH-08E」のソフトウェアアップデートを開始
SamsungのAndroidスマートウォッチ「Galaxy Gear」の試作機の写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP