ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アフター5はバーガーキングで『バーボン ワッパー』&ハイボール!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


バーガーキングは12月12日に、バーボンウイスキーをソースに使用した新作ハンバーガー『バーボン ワッパー』を発売。これに合わせてバーボンの『フォアローゼス』をベースにした2種類のハイボールの販売を開始しました。しかも17時以降はセットでお得とのこと。「バーボン」「ハイボール」というキーワードに反応した左党の記者は早速、『バーボン ワッパー』とハイボールを求めてバーガーキングへ行ってきました。

『バーボン ワッパー』は、定番のハンバーガー『ワッパー』に、ブラウンシュガー、しょうゆ、バルサミコ酢と共にバーボンを使用したソースで味付けした新作ハンバーガーで、価格は450円(税込み)。同時に、バーボンの『フォアローゼス』をジンジャーエールかコカコーラで割るハイボール『薔薇のハイボール』が350円(税込み)で発売されました。

毎日17時以降には、『バーボン ワッパー』と『薔薇のハイボール』のセットが、合計800円のところを600円(税込み)で販売中。さらに、『ワッパー』より小型のハンバーガーとなる『バーボン ワッパー Jr.』(税込み330円)と『薔薇のハイボール』のセットなら500円(税込み)と、ワンコインでハンバーガーとお酒が楽しめてしまいます。


記者は600円の『バーボン ワッパー』のセットを注文。『バーボン ワッパー』を手にして包装紙を開くといきなり、湯気と共にバーボンの香りが立ち上がります。アルコール分は0.15%含まれているそうで、ソースにはたっぷりバーボンを使っているようです。具の構成は通常の『ワッパー』と同じく、ミートパティ、ピクルス、玉ねぎ、トマト、レタス。ミートパティにはたっぷりソースが塗られており、レタスとバンズの間にはマヨネーズが挟んであります。

口に入れてみると、直火でこんがりと焼かれたミートパティの香ばしさに、バーボンの香りがマッチした大人向けの風味が強烈な印象。ソース自体は甘口のバーベキューソースのようですが、バーボンの味も主張しています。これに野菜の食感とマヨネーズのコクが加わり、かむほどに豊かな味わい、というかおいしい。お酒にも合う、しっかりとした味が楽しめます。

ハイボールは2種類とも飲んでみましたが、食事に合わせるには、さっぱりしたジンジャーエールがオススメです。バーボンは一般的なシングルの量ほども入っていないので、アルコールとしては若干薄く感じるかもしれません。コーラ好きの方はコーラを選ぶと、バーボンで甘みが増しておいしく感じられるでしょう。

ちなみに近ごろ流行の“ハイボール”、もともとはスピリッツをアルコールの含まれていない飲料で割ったものを指すそうです。日本ではウイスキーのソーダ割りの名称として定着していますが、コーラ割りやジンジャー割りも立派な“ハイボール”なんですね。

バーガーキングではビールも販売しているので、飲み足りない方はそちらをどうぞ。おつまみが欲しい方には、フレンチフライ、オニオンリング(いずれもSサイズ)といったサイドメニューが17時以降、150円で販売されています。アフター5の待ち合わせ、飲み屋さんに行く前の“ゼロ次会”などで気軽に利用できそうです。

■関連記事
期間限定『Windows 7 ハンバーガー』を食べてみた!
超巨大『Windows 7 ハンバーガー』をおいしくいただくただ一つのコツ
Windows 7ワッパーハンバーガーに便乗して巨大パフェをレビューしてみた

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP