ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ向けSony Mobile端末「PM-0610-BV」が技適を通過

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモの周波数帯に対応したSony Mobile製端末「PM-0610-BV」が7月9日付で工事設計認証を取得していたことが判明しました。TypeNumberのままで認証を取得した「PM-0610-BV」は、NTTドコモのWCDMA方式(バンド1、6)とLTE方式(バンド1、3、19、21)、2.4GHz/5GHz帯のWi-Fi、Bluetoothの周波数で認証を取得しています。東名阪バンドの1800MHz(バンド3)にも対応しており、今年10月に東名阪バンドを使って開始予定の下り150Mbpsのサービスに対応するものと思われます。TypeNumberがNTTドコモ向けの“Honami”(PM-0440-BV)とは異るので、“Honami”とは別の機種のベースモデルと推測されます。Source : 総務省



(juggly.cn)記事関連リンク
Three UK、「Galaxy Note III」を9月16日に、“Honami"を9月24日に発売予定、流出した内部資料より判明
Kindle Fire(otter)とNookタブレット(acclaim )用のCyanogenMod 10.2 Nightlyビルドがリリース
KDDI、2014年夏にも下り最大220Mbpsのデータ通信(WiMAX2+?)に対応したAndroidスマートフォンを発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP