ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Moto X」の低価格バージョンはバックカバーの取り外しが可能らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaが「Moto X」ブランドながらも、バックカバーを取り外すことも可能な新機種を開発しているとの情報が中国のWeiboで伝えられています。最近米国で発売された「Moto X」は、本体とバックカバーが一体となっており、ユーザー側で容易に取り外すことはできませんが、Weiboユーザーのいう“低価格バージョン”では容易に取り外すことも可能とのことです。その新機種はデュアルSIM端末らしいので、もしかすると中国向けに開発されているものなのかもしれません。彼の投稿にはその機種のバックカバーとみられる写真も添付されていました。写真のバックカバーは一見すると「Moto X」用と見えますが、スピーカー口の位置が「Moto X」とは逆になっており、米国で発売されたものとは明らかに違うと言えます。Motorolaは「Moto X」の発表後、「Moto X」の“低価格バージョン”を今後投入する計画だと述べていたことが伝えられています。今回話題に上がったのがそれなのかどうかは定かではありませんが、「Moto X」ブランドの新機種が開発されていることは間違いなさそうです。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
新型Padfone Infinity(A86)の実機写真が流出
Samsung、Galaxy S 4 Zoom LTE版の欧州発売を発表
Googleが“神プレイ”動画を募集中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。