体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】テトリスをソーシャルゲーにしたらこんな感じになるのか そんな『テトリスモンスター』をレビュー

EAからiOSアプリとしてリリースされた『テトリスモンスター』。リリース前から何かと話題になっているこのゲーム。主人公&モンスターとでパーティーを組み敵と戦っていくという。これだけでは『テトリス』とどう関係あるのかサッパリである。
私も簡単に説明を聞いた段階ではあまり理解できなかった。

詳しく話を聞くとどうやら『テトリス』のルール通りに横一列消すとブロックが下に溜まって行き、自分の好きなタイミングで敵へ攻撃が発動できるとか。消した段階で即攻撃ではない。こういったゲームは今数多く出てきており、パズルと組み合わせた『パズル&ドラゴンズ』や『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』などRPG要素を盛り込んだソーシャルゲームが流行っているようだ。

敵を倒すと一定の確率でアイテムをドロップし、そのアイテムが自分のモンスターとなる。自分のモンスターは仲間にして強化してもいいし、売却してもいい。モンスターを一定のレベル(最高レベル)まで強化したら素材を使い、進化させることもできる。この辺のルールは『パズドラ』に習っており、経験者なら戸惑わずに入り込めるはずだ。

実際に遊んで見るとまず例の如くチュートリアルが開始される。簡単な解説と操作方法を教えてくれる。敵への攻撃方法もこのときに教わるだろう。『テトリス』はスマートフォンのタッチ操作で遊ぶには不向きなゲームとされてきた。しかしこの『テトリスモンスター』はあらかじめ表示されている落下候補地をタップするだけでそこにブロックが配置される。もちろんブロックの回転や移動をマニュアルで行うことも可能である。

ソーシャルゲーム要素は?

『テトリスモンスター』のソーシャルゲーム要素は前出のように『パズドラ』のそれと非常にそっくりである。クエスト開始前に「助っ人」と呼ばれる仲間プレイヤーを1名選ぶことができる。助っ人が一緒に戦ってくれるのでできるだけ強い人を選ぶと良いだろう。無事クエストをクリアするとフレンド申請するかどうか訪ねられる。今後も一緒に戦いたいと思うならフレンドに入れておくといいだろう。但しフレンドに登録できる数は限られており、数を増やすには「ランク」を上げなくてはいけない。「ランク」というのはパーティのレベルのことで、敵と戦闘することにより得られる経験値で上昇する。ランクアップ時に上がるステータスは、最大フレンド登録数、最大スタミナ、最大チームコスト、最大攻撃力、最大防御力、最大HPである。

もちろんソーシャルゲームなのでクエスト時にはスタミナを消費する。例えば初期のクエストならスタミナを3消費する。スタミナがない状態ではクエストを遊ぶことができないのである。中にはスタミナが10や15必要とするクエストも存在する。スタミナの回復はクリスタルミノを10使用するか、時間経過で回復を待つほか無い。時間経過の場合は10分に1回復となり、スタミナ20回復の場合は3時間ほどかかる。

テトリス(クエスト)してみた

だいたいソーシャル部分も把握し、ゲーム内容も分かってきたところで『テトリスモンスター』を本格的に始めることにする。操作はワンタッチ操作とスワイプ操作が選べる。初期設定ではワンタッチ操作になっている。

戦闘画面(いわゆるテトリス)になると例の如く上からテトリスブロックが落ちてくる。右上には候補となるブロックが3つ表示される。NEXTブロックの数も多めなので割と親切ではある。置き場に困ったブロックが出てきたらホールド機能を使い、一時的にブロックをホールドエリアに置いておくことが可能。ホールドエリアにおけるブロックは1個だけで、再度タップするとそこから取り出すことが可能。

このように普通に『テトリス』をしていきラインをそろえていくというごく普通の『テトリス』ゲームである。ただ1つ違うのが、ラインをそろえてもラインは消えずに一番下に移動するのである。これをいわゆる「ラインスタック」というもの。スタックされたブロックをタップすることにより初めて攻撃が発動するのである。

よって多くのラインを溜めていけばより多くのダメージを敵に与えることができる。スタックが溜まった状態で一番上まで積み上がると自動的にスタックが解放され攻撃となる。スタックがなく上まで積み上がると一定のHPが消費されブロックがない状態から開始となる。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。