ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆず新曲“守ってあげたい”は映画「すべては君に逢えたから」主題歌! JUJUとの異色コラボも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ゆずの新曲“守ってあげたい”が、11月22日全国公開の映画「すべては君に逢えたから」の主題歌に決定した。 

「すべては君に逢えたから」は、クリスマスの東京駅を舞台に、境遇の異なる男女10人の〈愛〉をオムニバス形式で紡いでいくラヴ・ストーリー。それぞれカップルを演じる玉木宏と高梨臨、木村文乃と東出昌大、時任三郎と大塚寧々、倍賞千恵子と小林稔侍や、本田翼、市川実和子といった役者陣が出演し、監督は「犬と私の10の約束」「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる本木克英、脚本は「僕の生きる道」「フリーター、家を買う。」といったドラマを手掛けた橋部敦子が担当。制作プロダクションとして「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの白組が名を連ねる、この冬注目のクリスマス映画となっている。

そんな映画の主題歌に起用された“守ってあげたい”は、北川悠仁の作詞・作曲による〈大切なひとを守りたい〉という強い想いが歌われたラヴ・バラード。シンプルながら力強さを秘めた歌詞に仕上がっているという。また今回、ゆずは同曲を女性シンガーのJUJUに提供。男性目線から強い誓いを歌うゆずに対し、JUJUのヴァージョンは歌詞とアレンジを変え、女性目線から男性を支えようとやさしく語りかけるナンバーとなる模様だ。さらに、JUJU版の“守ってあげたい”が映画の劇中歌として使用されることも決定。なお、楽曲は発売未定とのこと。

★ゆずのニュー・シングル“友 ~旅立ちの時~”とPV集「録歌選 LAND」のニュースはこちらから

 

ゆず コメント

“守ってあげたい”は、ラブソングでありながらもっと大きな愛情を込めた曲にしたいなと思いつくりました。恋愛はもちろん、家族や友達、いろいろな人との中に起きる〈愛〉を感じながら聴いてもらえたらと思います。僕たちの歌で、「すべては君に逢えたから」の登場人物たちが繰り広げる恋愛ストーリーに少しでも華を添えることができたら嬉しいです。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP