ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本版「Nexus 4」が本日発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

26日に急遽、国内発売が発表された「Nexus 4」。ネットショップでは予定どおり本日30日を過ぎたころから販売が開始されました。店舗では朝のオープンと同時に発売されることでしょう。ちなみに、午前0時を過ぎた頃はGoogle Playストアでは販売されていませんでした。「Nexus 4」の国内正規品の定価は49,800円。もちろんSIMロックフリーで、端末がサポートしている通信方式・周波数のSIMカードを挿せば利用できると思います。カラバリはブラックとホワイトの2色。ホワイトは米国では限定モデルとして販売されていたカラーです。日本ではそういう取り扱いではないみたいですね。「Nexus 4」は、4.7インチ1,280×768ピクセル(WXGA)のIPS液晶とQualcomm Snapdragon S4 APQ8064 1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載した「Optimus G」相当のスペックのスマートフォンです。国内版はAndroid 4.3(Jelly Bean)を標準搭載して販売されています。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードスロットはありません。挿せるSIMカードはMicro SIMです。カメラは背面に800万画素と前面に130万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)に対応。「Nexus 4」はSlimPortに対応しており、Micro USB経由でHDMI出力を行なうことができます。バッテリー容量は2,100mAhで、Qi準拠のワイヤレス充電にも対応しています。本体サイズは133.9 × 68.7 × 9.1mm、質量は139g。Google Nexus 4(LG-E960)開封の儀(Android 4.2のころの記事です)Nexus 4のワイヤレス充電機能をサンワサプライ製Qi準拠のワイヤレス充電スタンド「WLC-STN11BK」で試すSource : ヨドバシ



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Facebook」がアップデート、Facebook Homeのロック画面上で音楽の操作が可能に
Google、Nexus 4の価格引き下げ前15日以内に端末を購入した方に対して、引き下げ分を払い戻し
Huawei、もう「Ascend Mate 2」を開発中?フロントパネルの写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP