ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、9月6日よりスマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは8月29日、スマートフォ向けのプリペイド(前払い)サービス「プリスマ」を9月6日より開始すると発表しました。「プリスマ」は、ソフトバンクが以前より提供している「プリモバイル」のスマートフォン版で、購入したプリペイドカード(3,000円/5,000円)の登録金額分だけで、基本使用料等を支払うことなくスマートフォンを利用することができます。「プリスマ」では、通話、国際電話、SMS、S!メール、3Gパケット通信が使用できます。パケット通信サービスは2日、7日、30日の定額サービスとなっており、2日プランが945円、7日プランが2,835円、30日プランが7,350円で提供されます。パケット定額サービスの利用期間中はソフトバンクWi-Fiスポットも利用可能です。また、プリペイドカードにチャージすることで、同じ番号を継続して利用できます。現行のプリモバイル今回の「プリスマ」にサービス変更することも可能です。この場合、電話番号やメールアドレスを引き継ぐことも可能です。サービス開始当初の「プリスマ」対象機種は、「LUMIX Phone 101P」と「PANTONE 5 107SH」の2機種。10月下旬以降に「STREAM 201HW 3G」も発売されます。なお、「プリスマ」の開始日には、対象機種とプリペイドUSIMカードがセットになった商品がソフトバンクショップ等で発売される予定です。このセット商品では、無料チャージと購入日を含む2日間の無料パケット通信※2が付与される「無料チャージ付きプリペイドプラン」が適用され、購入後すぐに利用することができます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungのスマートウォッチ「Galaxy Gear」のバッテリー駆動時間は約10時間、「Gear Manager」というコンパニオンアプリの存在も確認される
ソーシャルニュースサービス「Digg」の公式Androidアプリがついにリリース、Diggリーダーもサポート
Archos、IFA 2013でGen11タブレット「Archos 101XS2」やスマートフォンフラッグシップ「Archos 50 Oxygen」、ゲーミングタブレット「Archos GmaePad 2」などを披露

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP