ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

景観を乱さないようにロゴデザインを変える大手コーヒーショップチェーン

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
p1230579

日本にも支店がある大手コーヒーショップチェーンの『Segafredo』(セガフレード)。「景観を乱す」という理由から、なかなか外資系のファーストフードチェーンが出展させてもらえないイタリアのヴェネチアにおいて、『Segafredo』が景観を乱さないように営業しているのを発見した。

看板は目立たないように茶褐色にし、派手なポスターや看板も出していない。一見すると、ヴェネチアで個人営業しているカフェのように見える。確かに、これならば景観は “あまり” 乱れないだろう。まあ、精神的に「ここに『Segafredo』かよ!」と思ってしまうのはどうにも抑えられないが。

この『Segafredo』では、他店にはないイタリアならではの料理(とは言ってもオリジナルのパニーニなどだが)を出しており、観光客だけでなく、現地人も多く利用しているようだ。実はヴェネチアにはマクドナルドが出店し、ヴェネチアの観光名所・リガルタ橋付近で大胆にも営業している(ヴェネチアのマクドナルドはその一店のみ)。景観を守ることも重要だが、観光客が求める欲求に応えることも、観光都市の役目なのかもしれない。

p1230587

そういえば、日本の奈良や京都でも、景観を乱さないように大手ファーストフードチェーンが観光名所に出店している。企業としては自社のイメージを出していきたいだろうし、観光名所としては近代的なイメージを取り入れたくないだろう。個人的なお願いだが、ヴェネチアにはコンビニを出さないで欲しい(現在、大手コンビニチェーンは1軒もない)。……が、マクドナルドも出店している今、景観を乱さずにコンビニが出店する日は近いかもしれない。

■最近の注目記事
イタリアのキオスクはニンテンドーDSのソフトも売っている!
コカイン入りで話題になったコーラ味の『レッドブル』を飲んでみた!
「女子高生が恋愛OKな年齢の上限は27歳」に対する『2ちゃんねる』の反応
小学生が『YouTube』でマジコンを自慢する動画を掲載か
フランスのオタクショップに行ってみた! 人気はハルヒと意外なアレ【前編】

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。