ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyの“Lens-Camera”の価格情報、『QX100』は約4万8000円、『QX10』は約2万2500円というウワサ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月4日にドイツ・ベルリンで開催されるSonyの『IFA 2013』プレスカンファレンスで発表される見通しのスマートフォン向け外付けレンズキット風デジカメ『QX100』『QX10』の価格情報が台湾の『ePrice』で伝えられています。

『QX100』は『RX100M2』と同じ1型CMOSとF1.8~F4.9の光学3.6倍ズームレンズを搭載した製品で、台湾での定価は1万4900台湾ドル(約4万8000円)とされています。一方、『QX10』は『WX150』と同じ1/2.3型CMOSとf/3.3-5.9の光学10倍ズームレンズを備えた製品で、台湾での定価は6900台湾ドル(約2万2500円)とされています。

これらは、“lens-camera”と呼ばれており、本体にズームレンズ、CMOSイメージセンサー、バッテリー、メモリー、NFC&Wi-Fi通信機能を内蔵しており、撮影された写真や動画をNFCやWi-Fiでスマートフォンに転送するものだそうです。本体はスマートフォンにマウントして利用することのほか、デジカメとして単体でも使用できるとされています。

別のサイトでは、『QX100』『QX10』は“EspressOn”というブランド名の下で展開されると伝えられています。
Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「F-12C」のソフトウェアアップデートを開始、Micro SDXCカード問題に対処
Google、Android版「Google+」をv4.1.1にアップデート、Google+フォトにAuto Awesome機能を追加
Hauwei、防水・防塵対応スマートフォン「Honor 3(HN3-U01)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。