ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

イタリアのキオスクはニンテンドーDSのソフトも売っている!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kio1

以前、イタリアのキオスクには『NANA』や『ワンピース』などの、日本の漫画が多数売られているという記事をお伝えしました。イタリアの駅構内やバス停にはキオスクが多数あるのですが、なんと、ゲームソフトまで売っていることが判明しました。ナポリ、バーリ、ローマで確認することができたので、イタリア全域のキオスク(または同様のショップ)では本やお菓子と一緒にゲームソフトが売られているものと思われます。

取材班が確認できたゲームソフトは、ニンテンドーDSとPS2、PS3、PSP、Xbox360です(パソコンゲームもありました)。なかでも驚いたのは、ニンテンドーDSのソフトが売られているという事実です。ほかのハードと違ってカートリッジで販売しているニンテンドーDSのソフトがキオスクに並んでいるのは、日本人からすると珍しい光景です。ちなみに、ニンテンドーDSのソフトはちゃんとした製品版ですが、PS2、PSP、Xbox360、PS3は体験版なので、日本のゲーム雑誌に付録としてついてくるものと同じと考えてよいでしょう。

koi2

キオスクで売られていたニンテンドーDSのゲームですが、『ドラゴンボール』や“脳力”トレーニング系のゲームなどでした。日本ではコンビニエンスストアでゲームソフトを購入することができますが、もしかするとイタリアにおけるキオスクは日本のコンビニエンスストアに近い存在なのかもしれません。本、お菓子、パン、ドリンク、宝くじ、ゲームソフト、お土産品、DVD、日用品、カレンダー……、なんでも売っているのですから。

ko3

また、PS2をこれから遊びたいと思っている人向けに作られた、『プレイステーション・スターターボックス』も売られていました。価格は約10ユーロで、30種類のPS2体験版ゲームが収録されたDVDが入っている初心者向けのボックスです。けっこうイタリア人はキオスクでゲームを買うのでしょうか? 謎です。ちなみに『ドラゴンボール』は16.90ユーロ(約2300円)で売られていました。もちろん、正真正銘の本物が売られています。次回は、イタリアのキオスクで見つけた日本のエ〇チなマンガをお伝えしたいと思います。

■最近の注目記事
イタリアのキオスクはニンテンドーDSのソフトも売っている!
コカイン入りで話題になったコーラ味の『レッドブル』を飲んでみた!
「女子高生が恋愛OKな年齢の上限は27歳」に対する『2ちゃんねる』の反応
小学生が『YouTube』でマジコンを自慢する動画を掲載か
フランスのオタクショップに行ってみた! 人気はハルヒと意外なアレ【前編】

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。