ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、「Xperia Tablet Z」国内Wi-FiモデルにAndroid 4.2.2へのアップデート(10.3.1.C.0.136)を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは8月28日、国内で発売された「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルに対して、Android 4.2.2へのアップデートの提供を開始したと発表しました。アップデート対象は「SGP311JP/B」「SGP312JP/B」「SGP312JP/W」の3モデル。NTTドコモのXperia Tablet Z SO-03Eは今回の対象には含まれていません。今回のアップデートはOSのバージョンアップを伴う大規模なもので、OSバージョンがAndroid 4.1.2からAndroid 4.2.2に上がるのに伴い、UIレイアウトがNexus 7のようなスタイルに変わるほか、マルチユーザー機能やロック画面からウィジェットを閲覧したり、操作することができるロック画面ウィジェット機能、スクリーンセーバーを利用できるようにもなります。Sony独自の変更箇所としては、 カメラアプリで撮影直後のプレビュー時間の長さを変更する機能を追加 「ムービー」アプリにVideo Unlimitedの機能を一部統合(おすすめ動画が表示される) PlayStation 3のワイヤレスコントローラ「DUALSHOCKTM 3」の接続に対応 「ノート」アプリのノートビューモードでハイパーリンク(電話番号/ウェブサイトアドレス/添付データ)に対応 その他不具合改善といったことが紹介されています。更新ファイルは端末単体(「タブレット情報」→「ソフトウェア更新」より)、パソコン通信(PC Companion/Update Service)経由で入手できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「10.3.1.C.0.136」です。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note IIIのディスプレイユニットの写真、画面サイズは約5.68インチ
「Padfone Infinity A86(T004)」の製品名は単純に「The New Padfone Infinity」となる模様
NTTドコモ、スマートフォン向けO2Oサービス「ショッぷらっと」を9月1日より商用サービス化

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP