体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NEXCO中日本、8月30日よりSA/PA 130箇所で無料の公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」を提供開始

NEXCO中日本とソフトバンクは8月28日、全国130箇所のサービスエリア(SA)/パーキングエリア(PA)で無料の公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」を開始すると発表しました。「C-NEXCO Free Wi-Fi」は、ソフトバンクが既に上記130箇所のSA/PAで提供している「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用したサービスで、Wi-Fi機能を備えたスマートフォン、タブレット、PCなどの機器であれば、利用前に設定を済ませるだけで誰でも無料で利用することができます。1回の接続で15分利用可能。1日3回まで接続できます。Wi-FiスポットのSSIDは「C-NEXCO Free Wi-Fi」で、初回利用時はこのSSIDに接続し、ブラウザ経由で利用登録を行います。この時、メールアドレスが必要になります。8月30日より開始となるのは、東名高速、中央自動車道、北陸自動車道、東名阪自動車道、伊勢自動車道、東海北陸自動車道、小田原厚木道路、西湖バイパスのSA/PA 130箇所。エリアは順次追加される予定です。サービス提供エリアはSA・PAの建物内のフードコートなどで、利用可能なSA/PAには上図のようなステッカーが貼られています。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「F-12C」のソフトウェアアップデートを開始、Micro SDXCカード問題に対処
Sonyの“Lens-Camera”の価格情報、「QX100」は約48,000円、「QX10」は約22,500円という噂
Google、Android版「Google+」をv4.1.1にアップデート、Google+フォトにAuto Awesome機能を追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。