ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、米Verizon向けにLTE対応スマートフォン「Kyocera Hydro Elite」を投入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米国法人は現地時間8月27日、同社初のVerizon向けスマートフォン「Kyocera Hydro Elite」を8月29日に発売すると発表しました。Verizon初投入となる「Hydro Elite」はIP57レベルの防水・防塵対応したボディに、4.3インチ1,280✗720ピクセルのIPS液晶とSnapdragon 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応スマートフォン。最近の国内モデルでは多く採用されている、画面全体が振動して通話相手の音を直接耳内に伝える「スマートソニックレシーバー」も搭載しています。このほか、カメラは背面に800万画素と前面に130万画素を搭載。バッテリー容量は2,100mAhで、Qi準拠のワイヤレス充電にも対応します。機能面では節電機能「Eco Mode」、画面上の文字やアイコン、UIを大きめに表示するホーム画面「Starter Mode」、NFC通信機能も備えます。京セラの北米モデルの中では最上位と言えるスペックだと思います。「Kyocera Hydro Elite」の価格はVerizonとの2年契約で$99($50のリベート後)。Source : 京セラ米国法人



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Twitter」がv4.1.6にアップデート、ユーザー同士の会話の表示方法を改善
NTTドコモ、「F-12C」のソフトウェアアップデートを開始、Micro SDXCカード問題に対処
Sonyの“Lens-Camera”の価格情報、「QX100」は約48,000円、「QX10」は約22,500円という噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP