ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あまちゃん』ファンたちが選ぶ“ベストシーン”とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 復帰宣言をした夏ばっぱを見届けて黙って東京に帰ってしまった春子。そして一方、アキと鈴鹿ひろ美が出演する映画『潮騒のメモリー』の公開日が2011年3月5日に決まり、いよいよ“あの日”が近づいてきて…。

 9月の最終回に向けて物語が佳境に入って行くNHK連続テレビ小説『あまちゃん』だが、なんとその人気の盛り上がりを受けて、ついにファンブックが登場した。その名も『あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!』(扶桑社/刊)だ。

 あまちゃんの「おら、この海が好きだ」という印象的なセリフをもじったタイトルからも分かるように、ファンを自認する著名人や著述家たちが、独自の視点で『あまちゃん』の魅力を徹底解剖する一冊になっている本作。
 あまちゃんの革新性を語りながら、第16週までの見どころを網羅した木俣冬さんによる「週別『あまちゃん』おさらいレビュー」や、見逃してしまったものがあるはず!?『あまちゃん』小ネタ集解説、さらには5月から毎日欠かさずその日の内容を一枚の絵に描き、ネット上に公開している青木俊直さんの「本日のあまちゃん絵」傑作選、女性の間で話題沸騰中の「ミズタク萌え」とは何か?といった考察など、これまで『あまちゃん』にハマってきた人がさらにドラマを好きになる仕掛けが満載となっている。

 そんな本書のトップを飾るのが、あまちゃんファンを自認する著名人たち14人による「おら、『このシーン』が好きだ!」特集。いっぱいありすぎる好きなシーンから、無理を承知で3つのベストシーンを選んでもらっている。
 では、彼らはどんなシーンを選んだのだろうか? その一部を紹介しよう。

・甲斐よしひろさん選「大漁旗を『バンザーイ』と振って見送る夏ばっぱ」(第72回)
 甲斐さんは『ちりとてちん』の名シーンを引き合いに出しながら、「前半最高のクライマックスでした」とコメント。また、「自前ネタで申し訳ないが」と断りつつ、純喫茶アイドルのマスター(甲斐さん)やGMT遠藤真奈のお国自慢で「甲斐バンド」が出てくるなどの符合に「毎朝ジェジェとシャウト」しているという。

・ラズウェル細木さん選「イベント列車の当日、ユイの突然の雲隠れに大騒ぎになっている最中、トシちゃんのそっくりさんが無言で自分をアピールする場面」(第52回)
 「『誰か少しは顧みてやれよ』という同情的な感覚と、『お前なんか誰も使わねえよ』というサディスティックな感覚を、同時に見るものに与える希有なキャラクターだ」というラズウェル細木さんのコメントも秀逸。

・山里亮太さん選「観光協会での会議シーン」(第55回)
 普段から、言葉を巧みに使って笑いを誘う山里さんが着目したのは、会話のテンポとワードの面白さ。たとえば弥生さんの「んだんだんだ」というリズミカルな相槌がスーパーマリオを思わせるや、吉田副駅長が「1の2面でコイン集めてんのか!?」とツッコミを入れるなど、掛け合いがまるでコントのようで面白いのが「あまちゃん」だ。

 イラストだけでなく番組の写真も満載。あまりの内容の豪華さ&濃厚さに予約が殺到して、発売前に2度も重版がかかるほど、「じぇじぇじぇー!」な大人気となっている。この本を読めば、『あまちゃん』のクライマックスがより盛り上がることは間違いない。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
ももクロのパワーがラジオづくりの概念を変えた!
人気演劇集団の舞台が初のオーディオドラマ化!
人気ドラマ「ナサケの女」がノベライズ化

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP