ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウルトラ木魚が「円谷プロ・クリエイティブ・ジャム50」に登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ウルトラマンを生み出した円谷プロが50周年を迎え、50人のアーティストが円谷プロのキャラクターの世界観を自由に表現する企画「円谷プロ・クリエイティブ・ジャム50」が8月25日から開催されています。

彼岸寺でも仏教人としても取り上げられている都築数明さんが、アーティスト名である「アートマン+クロツヅキ」名で参加しています。 

ウルトラ木魚はウルトラマン35話「怪獣墓場」で実際に行われた怪獣供養をモチーフにしているとのこと。

制作に関しては、現在国内に数人しかいない木魚専門の職人が木魚を、座布団は打敷(うつしき)職人が、バイ(木魚を叩くもの)は三河仏壇の彫刻師に彫ってもらったというオール日本製。日本の技術の粋を見ることができる作品です。

なお、このウルトラ木魚は販売もしており、値段は8万5千円+税だそうです。

日本には古くから人形供養というものがあります。「捨ててしまう怪獣フィギュアなどの供養に使ってもらいたい」と言う都築さんが「ちゃんと供養してから捨てるという日本人の美しい心を表現した」このウルトラ木魚、是非会場でご覧ください。

● 概要 

日 程:2013年8月25日(日)?9月8日(日)
時 間:11:00?21:00
入 場:無料
会 場:Tokyo’s Tokyo 原宿店
    東京都渋谷区神宮前4-30-3
    東急プラザ表参道原宿5階

W E B:円谷プロ・クリエイティブ・ジャム50

○連載:仏教なう

彼岸寺の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.higan.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP