ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

HTCが「HTC Fetch」と「HTC Mini+」の製品ページをグローバルサイトで公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HTCが同社のグローバル向け公式サイトでスマートフォン用アクセサリー「HTC Fetch」と「HTC Mini+」の製品ページを公開しました。「HTC Fetch」は小型のキーチェーン型デバイスで、Bluetooth v4.0/LEに対応しており、携帯電話や鍵などの小物に取り付けることで、紛失や盗難などによって接続が途切れるとブザーが鳴って知らせてくれたり、携帯電話と一緒に失くした場合はオンライン上で追跡したり、さらに、スマートフォンカメラのリモートシャッターとしても機能します。本体サイズは29.35 X 29.35 X 9.3mm。バッテリー駆動時間はボタン電池(CR2032)1個で約6ヶ月。対応機種は現在のところHTC One MiniとHTC Butterfly Sの2機種。「HTC Mini+」は、スマートフォンの子機やリモコンとして使用可能な小型端末。Bluetooth v2.1+EDRに対応しており、スマートフォンの通話やSMSを本機に転送したり、テレビやモニタに接続した対応機種のテレビ機能やプレゼンテーション機能を操作したりすることができます。また、NFCにも対応しており、NFC対応スマートフォンのワンタッチでペアリングや接続/接続解除を行なうことができます。本体サイズは118.7 x 39.8 x 7.15 mm。ディスプレイは1.5インチ128✗128ピクセルのOLEDパネル(4段階モノクロ表示)を搭載。バッテリー容量は320mAhで、通話時間は約9時間、スタンバイ時間は約95時間。対応機種はHTC One mini、HTC Butterfly s、HTC Desire 200、HTC Desire 500。HTC Oneも最新の「2.23.xxx.x」へのアップデートで「HTC Mini+」に対応します。「HTC Fetchの発売時期は不明ですが、HTC Mini+はすでに販売されています。Source : HTC WWW



(juggly.cn)記事関連リンク
Feedlyが有料サービス「Feedly Pro」の一般提供を開始、$5/月または$45/年で利用可能
Sony Mobile “Honami”の写真が復数流出、今度はXperia ZやXperia Z Ultraとサイズを比較したものなど
スペックコンピュータ、Galaxy S 4とXperia ZをQi準拠のワイヤレス充電に対応させるフォリオケースを9月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。