ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「LG G Pad」はIFA 2013で発表後、9月末にグローバル市場で発売予定、プロセッサはSnapdragon 800ではなくSnapdragon 600という情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LGの新型Androidタブレット「LG G Pad」が9月末に発売されると韓国メディアのニューストマトがスクープ情報として伝えて伝えています。同サイトによると、「LG G Pad」は9月上旬のIFA 2013で発表された後、9月末にグローバル市場で発売される予定で、米国ではVerizonにLTEモデルが、LGの地元韓国では、Wi-Fiモデルが投入されることがすでに決定しているという。韓国でモバイルデータ通信似対応したモデルが投入されないのは、現地のキャリアが今現在では「LG G Pad」に対してこれと言った興味を示さなかったからだと説明されたとしています。「LG G Pad」はこれまでに8.3インチ1,920✗1,200ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 800プロセッサを搭載すると伝えられてきましたが、同サイトによると、液晶はIPS方式を採用したもので、輝度は350nitsとタブレットディスプレイの中では比較的明るめ。また、プロセッサはSnapdragon 800ではなくSnapdragon 600だとしています。Source : News Tomato



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyの新UIと“モバイルX-Realityエンジン”を搭載したXperia Z Ultraのデモ動画
小米科技初の7インチAndroidタブレットの写真とスペック情報が流出
LGが新型タブレット「LG G Pad 8.3」のティザー動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP