ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新型Nexus 7の国内モデルは8月28日に発売開始、本日13時より店頭やネットでの予約受付が開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Googleが新型『Nexus 7』の国内における発売スケジュールを発表しました。まずは価格と発売日から。日本で発売される新型『Nexus 7』は、Wi-Fi対応の16GBモデルと32GBモデル、Wi-Fi+LTE対応の32GBモデルの計3モデル。価格は、Wi-Fi・16GBモデルが2万7800円、Wi-Fi・32GBモデルが3万3800円、Wi-Fi+LTE対応モデルが3万9800円。発売日は、Wi-Fiモデルが8月28日午前0時で、本日26日の13時より店頭やネット(Amazonや楽天など)での予約受付が開始されます。Wi-Fi+LTEモデルは9月中旬以降に発売される予定です。

新型『Nexus 7』は旧型と同じ7インチディスプレーを搭載したポータブル、パワフル、低価格、『Google Play』完全対応が特徴のGoogle製タブレット。OSは最新の「Android 4.3」を搭載しています(新機能はこちら)。外装はオールブラックのカラーリングを採用し、シックな雰囲気に仕上がっています。前作よりも厚さは1.8mm減り、ディスプレー枠の厚みも片側で2.75mmほど狭まり、全体的にスリムになっています。質量も約290gと前作より50gほど軽くなっています。背面には500万画素カメラやステレオスピーカーも追加されています。ディスプレーは7インチ1920×1200ピクセル(WUXGA)のIPS液晶、プロセッサはQualcomm製のSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHzクアッドコアを搭載。

Googleによると、旧型と比較して、CPU性能は1.8倍、GPU性能は4倍向上したそうです。RAM容量は2GBに倍増しています。内蔵ストレージの容量は従来と同じ16GB/32GBです。microSDカードスロットは『Nexus』デバイスということで搭載されていません。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC、ワイヤレスディスプレー(Miracast)に対応。また、新型『Nexus 7』は「SlimPort(MyDP規格)」に対応しているので、USB端子経由でテレビや外部ディスプレーに映像を最大1080pで出力できます。また、フラウンホーファーの5.1chバーチャルサラウンド機能も追加されています。バッテリー容量は3950mAhで、Qi準拠のワイヤレス充電にも対応しておりケーブル接続不要で充電することもできます。本体サイズは200mm x 114mm x 8.65mm。
Google Nexus 7(2013)開封の儀&ファーストインプレッション
Source : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
hi-ho、新型Nexus 7 Wi-Fi+LTEモデルとデータ通信用SIMカードをセットで販売、8月28日により申込受付開始
HTCが「HTC Fetch」と「HTC Mini+」の製品ページをグローバルサイトで公開
KDDIが新型Nexus 7の発売を発表、8月28日にau取扱店を通じて発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。