ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromecastの最新アップデートで、外部ソースのメディアを取り扱うChromecastアプリからの動画再生がブロックされた模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがChromecast本体に対して先週配信した最新アップデートで、Android端末の内蔵ストレージや外部サービスから動画をストリーミングするサードパーティのChromecastアプリからの動作再生をブロックする変更を行った模様です。内蔵ストレージやDropbox、Googleドライブ、DLNAサーバの動画をChromecastに転送するアプリ「AllCast(AirCast)」を開発したKoushik Dutta氏によると、GoogleはChromecatのアップデートで、Chromecastアプリからの“video_playback”のサポートを無効にしたという。動画を再生できなくなったのは「AllCast」だけではなく、PCのローカルメディアを転送するJavaアプリ「Fling」も同様です。動画の再生を開始しても画面が真っ黒になり、すぐさま「Ready to Cast?」の画面に戻ってしまうようになっています。一方、YouTube、Google Playミュージック/ムービー、Netflixなどの「Chromecast」アプリのサポートリストに掲載されているアプリは従来通り再生できます。「AllCast」や「Fling」といったサードパーティアプリからの再生をブロックしたことについて、同氏は、承認されたコンテンツしかChromecastを通じて再生できないというデベロッパープログラムにおけるポリシーの影響ではないかと睨んでいます。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Oneブルーバージョンとされる端末の写真が流出
Sony Mobile、“Homami”のティザー画像第3弾を公開、Gレンズの採用を強調
Google、新型Nexus 7を韓国で8月28日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP