ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土屋アンナがシークレット参戦でスイッチ・オン! 〈アニサマ2013〉2日目レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


(C)Animelo Summer Live 2013/MAGES.

 

日本最大級のアニメソング・イヴェント〈Animelo Summer Live(通称:アニサマ)〉。9年目を迎える今年は〈FLAG NINE(=閃く旗)〉をテーマに掲げ、史上初の3デイズ開催となる。その2日目公演が8月24日、さいたまスーパーアリーナにて実施された。

出演アーティストを紹介するオリジナル・アニメーションに続き、この日のオープニングを担当したのはangelaとZwei。「地獄先生ぬ~べ~」のオープニング・テーマとして知られるFEEL SO BAD“バリバリ最強No.1”を激しいロック・アレンジでカヴァーする。続くfripSideは「とある科学の超電磁砲S」に登場するシスターズをモデルにしたダンサーを引き連れ、そのOP曲“sister’s noise”を披露。さらにラッパーのmotsuをゲストに迎え、“LEVEL5-judgelight-”“only my railgun”とレールガンづくしのステージを展開する。

上坂すみれはソ連製のライフルAK-47を手に登場。ロリータ・ファッションにベルトリンク、頭には王冠という独特のスタイルで「波打際のむろみさん」の主題歌“七つの海よりキミの海”を歌い、会場を赤く染め上げる。さらに、カニの被り物を装着したあいう♥らぶ、最新シングル“ネプテューヌ☆サガして”をパフォーマンスしたアフィリア・サーガ、「BROTHERS CONFLICT」のアニメをバックに歌ったGeroと続き、Zweiは「ROBOTICS;NOTES」の主題歌“純情スペクトラ”を歌唱。ヴォーカルのAyumuはクールなマイクスタンド捌きでも魅せる。

〈アニサマ〉初参戦となる中島愛は「琴浦さん」のOP曲“そんなこと裏のまた裏話でしょ?”で〈コシコシ〉と盛り上げ、感謝の気持ちを込めたバラード“ありがとう”(「たまゆら~もあぐれっしぶ~」ED曲)では感極まって涙目に。「〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」のEDテーマ“アイヲウタエ”を歌った春奈るなに続いては、大ヴェテランの山本正之が〈親友〉の七森中☆ごらく部と共に登場。“逆転イッパツマン”をいっしょに歌い、間奏では山本みずからハーモニカも披露する。さらに「俺の親友たち」と紹介してアフィリア・サーガをステージに呼び込み、全員で“ヤッターマンの歌”をパフォーマンス。意外な組み合わせのコラボに会場も大きく沸く。

T-Pistonz+KMCはキッズ・ダンサーを伴って登場し、「イナズマイレブン」シリーズの主題歌で賑々しく駆け抜ける。そしてモニターには鈴木達央が8年前にソロで〈アニサマ〉に出演した際の映像が流れ、客席からは一際大きな黄色い歓声が。OLDCODEXとして〈アニサマ〉に戻ってきたTa_2は、「黒子のバスケ」ED曲“カタルリズム”と「Free!」のOP曲“Rage on”を熱唱。相棒のYORKE.もペインティングでステージに色を添える。

アイドルマスターミリオンスターズは“THE IDOLM@STER”“READY!!”などの人気曲で会場を熱狂させ、〈アニサマ〉皆勤賞の栗林みな実はGRANRODEOのe-ZUKAこと飯塚昌明(ギター)と瀧田イサム(ベース)という名プレイヤーと共に3曲を歌唱。“Doubt the World”では「トータル・イクリプス」のアニメ映像が流れ、飯塚のギター・ソロも鮮烈に鳴り響く。

休憩タイムを挟んで登場したのは、今年でデビュー10周年のangela。この日のためのスペシャル・メドレーではデビュー曲“明日へのbrilliant road”も歌われ、特別感に満ちたセットリストでアニソン・ファンを喜ばせる。ギターのKATSUがMC中にガルマ国葬の際のギレン・ザビの演説をモノマネし、お客さんにジーク・ジオンを斉唱させるなど、盛り上げ方を心得たステージ運びでライヴ巧者ぶりを見せつけた。

そして七森中☆ごらく部は和太鼓のパフォーマンスからスタート。衣装も浴衣風の可愛らしいドレスで、“ゆりゆららららゆるゆり大事件”を〈お祭りVer.〉で歌う。サイキックラバーはT-Pistonz+KMCと“特捜戦隊デカレンジャー”をコラボ。藍井エイルは「機動戦士ガンダムAGE」のテーマ曲“AURORA”と「ソードアート・オンライン」のテーマ曲“INNOCENCE”を伸びやかに歌い上げる。

ここで突然、土屋アンナがシークレット・ゲストとして登場。「NANA」のOP曲“rose”でロックに加速すると、続けて「仮面ライダーフォーゼ」の主題歌“Switch On!”を歌唱。ヒールを脱いで裸足になり、ステージを端から端まで駆け回る姿にオーディエンスもサイリウムと歓声で応える。

LiSAはヒット曲“crossing field”(「ソードアート・オンライン」OP曲)や最新シングル“traumerei”(「幻影ヲ駆ケル太陽」OP曲)に加え、Girls Dead Monsterとして歌った「Angel Beats!」の挿入歌“Crow Song”も披露。そして〈アニサマ〉6年連続出演にして、今回初めてトリを任されたGRANRODEO。タキシードのような出で立ちでエレガントに現れたKISHOW(谷山紀章)は、パワフルかつしなやかな歌声で観客の心を掴む。ラストの“Go For It!”では〈IGPX〉コールで会場に一体感を生み、年明けのたまアリ単独公演の前哨戦と呼ぶには熱すぎるステージで見事に2日目のラストを飾った。

そしてエンディングは、この日の出演アーティスト全員によるテーマ・ソング“The Galaxy Express 999”で締め括り。それぞれが〈アニサマ〉への熱い思いや感謝の気持ちを述べ、盛大に幕を閉じた。

★〈TOWER RECORDS×アニサマ2013 コラボグッズ〉についてのニュースはこちらから
★〈Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-〉初日のライヴ・レポートはこちらから

 

〈Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-〉8月24日(土)セットリスト
1. angela & Zwei “バリバリ最強NO.1”
2. fripSide “sister’s noise”
3. fripSide feat. motsu “LEVEL5-judgelight-”~“only my railgun”
4. 上坂すみれ “七つの海よりキミの海”
5 .あいう♥らぶ “カニ☆Do-Luck!”
6. アフィリア・サーガ “ネプテューヌ☆サガして”
7. Gero “BELOVED×SURVIVAL”
8. Zwei “純情スペクトラ”
9. 中島 愛 “そんなこと裏のまた裏話でしょ?”
10. 中島 愛 “ありがとう”
11. 春奈るな “Overfly”
12. 春奈るな “アイヲウタエ”
13. 山本正之 & 七森中☆ごらく部 “逆転イッパツマン”
14. 山本正之 & 七森中☆ごらく部 & アフィリア・サーガ “ヤッターマンの歌”
15. T-Pistonz+KMC “ガチで勝とうゼッ!”~“マジで感謝!”
16. OLDCODEX “カタルリズム”
17. OLDCODEX “Rage on”
18. アイドルマスターミリオンスターズ “THE IDOLM@STER”~“READY!!”
19. アイドルマスターミリオンスターズ “Thank You!”
20. 栗林みな実 “STRAIGHT JET”
21. 栗林みな実 “Doubt the World”
22. 栗林みな実 “ZERO!!”
23. angela “僕じゃない”
24. angela “明日へのbrilliant road”~“Beautiful fighter”~“gravitation”~“蒼い春”~“Shangri-La”
25. angela “KINGS”
26. 七森中☆ごらく部 “ゆりゆららららゆるゆり大事件 お祭りVer.”
27. 七森中☆ごらく部 “マジカル大☆大☆大冒険!”
28. サイキックラバー “Vanguard Fight”
29. サイキックラバー “侍戦隊シンケンジャー”
30. サイキックラバー & T-Pistonz+KMC “特捜戦隊デカレンジャー”
31. 藍井エイル “AURORA”
32. 藍井エイル “INNOCENCE”
33. 土屋アンナ “rose”
34. 土屋アンナ “Switch On!”
35. LiSA “crossing field”
36. LiSA “traumerei”
37.  LiSA “Crow Song”
38. GRANRODEO “偏愛の輪舞曲”
39. GRANRODEO “DARK SHAME”
40. GRANRODEO “Can Do”
41. GRANRODEO “Go For It!”
EN. アニサマ2013出演アーティスト “The Galaxy Express 999”

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP