ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛沢東生誕120周年で 2500億円予算 ネット上では非難の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年12月26日は中国の故・毛沢東主席の生誕120周年となる。この記念日を祝って、中国政府は毛沢東の故郷、湖南省湘潭市に新たな記念館などを建設するほか、生誕した旧居の改装、記念の書籍刊行などで総額155億元(約2500億円)もの巨額予算を組んでいる。

 習近平国家主席は腐敗撲滅のため、「ぜいたく禁止令」を出し、国民は質素な生活を強要されていることから、「死んだ毛沢東に金をかけるよりも、生きている老百姓(ラオバイシン=庶民)にもっと金をかけろ」とネット上では非難ごうごうだ。

 湖南省の湘潭市政府のホームページによると、毛沢東生誕120周年記念プロジェクトは主に16項目に及んでおり、故郷の韶山に毛沢東の遺品などを展示した歴史博物館の建設、韶山毛沢東同志記念堂の旧館や毛沢東広場周辺や韶山への道路の整備、毛沢東が通った韶山小学校の再建、鉄道や道路の新設。これに加えて、記念の書籍や画集、写真集の発行などが加わる。

 さらに、生誕120周年プロジェクトに便乗する形で、湘潭市や韶山町の観光地の整備、ダムの建設、文化産業館の新設などに約50億元(約800億円)をかける予定だ。

 中国では現在、ぜいたくな地方政府庁舎の新設や不必要なインフラ整備などが中止されているほか、食事の食べ残し禁止やぜいたく禁止令も出されているが、湘潭市でのプロジェクトについては、毛沢東の熱烈な崇拝者で知られる習主席が後押ししているといわれる。

 さらに、習主席は120周年の記念日に合わせて、毛沢東主席をテーマにした映画や大型テレビドラマ、創作劇などの制作を計画していると伝えられる。

 こうした状況の中、同市のホームページには市民から「あまりにも予算をかけすぎている。いま習近平主席はぜいたく禁止令を指示しているのに、毛沢東も草葉の陰で泣いているに違いない」「庶民の生活向上にもっと金をかけろ」などの書き込みが見られた。しかし、市当局もさすがに「体裁が悪い」と思ったのか、いまは削除されている。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ネパール共産党毛沢東主義派の18歳女性兵士を追いかけた本
毛沢東の言葉を引用する習近平氏 毛元主席再来かと思わせる
毛沢東氏と会談しなかったキッシンジャー氏 男の嫉妬恐れた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP