ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、米Verizonに4インチ・スライドQWERTYキーボードを搭載した「LG Enact」を投入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内外を通じて久しぶりとなるスライドQWERTYキーボードを搭載したスマートフォン「LG Enact」が米国のキャリアVerizonより発売されました。「LG Enact」は4インチWVGA解像度のIPS液晶、Snapdragon 400 MSM8930 1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載し、VerizonのCDMA2000/LTEネットワークに対応した製品です。スペック的にはミッドレンジクラスの製品ですが、最新のOptimus UIを採用し、Qメモ、Qトランスレータ、Qスライド2.0、VuTalk、ボイスシャッターなどの最近のOptimusスマートフォンにみられる機能を搭載するなど機能は充実、また、画面サイズは4インチと小型モデルとなりますが、2,460mAhとこのクラスの中ではかなり大容量と言えるバッテリーを搭載しています。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Mciro SDカードも利用可能です。カメラはh背面に500万画素(1080pフルHD動画の撮影、HDR撮影対応)、前面に30万画素カメラを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、CDMA2000/1x EV-DO RevA(800/1800MHz)、LTE 700MHzに対応。本体の厚さは約15.74mm、質量は約169g。「LG Enact」の価格はVerizonとの2年契約で$19.99。長期契約無しでも$349とリーズナブル。Source : Verizon



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、タッチレス操作を実現するAndroidアプリ「Touchless Control」をGoogle Playストアにリリース
Sliding Explorer : Googleアプリのようなデザインのファイル管理アプリ、rootアクセスにも対応
Chromecastの最新アップデートで、外部ソースのメディアを取り扱うChromecastアプリからの動画再生がブロックされた模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP