ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Moto X」が早くも分解される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日23日に米AT&Tで発売されたMotorolaの新フラッグシップ「Moto X」の分解レポートがiFixitで公開されました。同社による「Moto X」の修理のしやすさを示すスコアは10段階中の7でした。このスコアはこれまでに分解された機種の平均よりも高く、同社にとっては修理のしやすいものだったことがわかります。同社によると、「Moto X」ではカメラ、イヤホン、ヘッドホンジャック、ボタン、マイク等などの主要部品の多くが独立して組み込まれているなど、個々に交換できる部品が多かったとのことです。また、修理案件の中でも多いディスプレイユニットについては、デジタイザと接着されてはいるものの、内部のフレームとは一体になっておらず、修理コスは安く済むだろうと述べています。分解の過程では、「Moto X」で使用されているバッテリーはMotoorlaブランドの容量2,120mAhの「EX34」であることが判明。また、Toshiba製の16GB eMMC NANDフラッシュ「THGBMAG7A2JBAIR」、SK Hynix製RAMモジュール「H9TKNNNBPDAR」、Qualcomm製電源管理IC「PM8921」、TI製デジタルシグナルプロセッサ「TMS320C55」、NXP製NFCチップ「NXP 44701」、Skyworks製マルチバンドパワーアンプ「77619-12」(クアッドバンドGSM/EDGE、ペンタバンドWCDMA/HSDPA/HSUPA/HSPA+/LTE)、Skyworks製SkyHiパワーアンプ(LTE Band 12/17用)、TI製複合シグナルマイコン「MSP430 F5259」、Qualcomm製オーディオコーデック「WCD9310」、Qualcomm製Wi-Fi ac対応Wi-Fi/Bluetooth/FMチップ「WCN3680」が使用されていることも判明しました。Source : iFixit



(juggly.cn)記事関連リンク
Sliding Explorer : Googleアプリのようなデザインのファイル管理アプリ、rootアクセスにも対応
Chromecastの最新アップデートで、外部ソースのメディアを取り扱うChromecastアプリからの動画再生がブロックされた模様
HTC Oneの公式Android 4.3(3.09.401.1)をベースにしたカスタムROM「MaximusHD v12」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP