ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『半沢直樹』で注目の社宅居住銀行員妻 ゴミ出し時も化粧必須

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で注目を集める銀行員だが、劇中の半沢の妻・花のように、銀行員の妻ならではのつらいエピソードが集まった。

 都内の一等地の社宅でも月3万~5万円程度と格安で借りられるが、同じ建物に住んでいるのは夫の上司や部下の家族ばかり。それゆえに気を使うことが多く、神経が休まる暇がないようで…。

 半年前に夫が転勤して、社宅に住み始めたばかりのA子さん(32才)。ある朝、寝ぼけまなこでごみ出しに行ったら、眠気が吹き飛んだ。

「奥様方がごみ捨ての時もバッチリ化粧して、服装もお出かけ用でした。こっちは、スッピンに加えてジャージーでしたから、奥様方から“ラフな格好でいいわね”なんて言われて…。今では、家の中でもお化粧するようになりました。いつ上司の奥様が来襲するかわかりませんし(苦笑)」

 社宅内では、お芝居やコンサートなど外出のつきあいもしなければいけない。A子さんの副支店長の妻の趣味は、浄瑠璃鑑賞だ。

「月に1度は奥様からお誘いがあります。もちろん何があっても断れません。私は最初、全然興味がなかったので、奥様に“あの場面、よかったわね”と言われてもチンプンカンプンでした。それから、本を読んで必死に勉強しています」

 上司の妻は、姑以上に気を使わなければならない存在なのだ。社宅の場合、子供ができると、私立を除いて、同じ学校に通うことになる。小学4年生の子供を持つB子さん(35才)が嘆く。

「課長の子供と同級生なんですが、本当に面倒なんですよ。運動会の徒競走では、うちの子が勝てば嫌味を言われるし、負けるとあちらが天狗になるし。だから、担任の先生に毎年菓子折りを持って、“徒競走を違う組にしてください”って頼んでます」

※女性セブン2013年9月5日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同企業社宅内格差 上司の子供のボディガードは部下の子供
警官の妻の悩み-近隣住民から「騒音問題なんとかして!」
谷垣総裁 不信任決議の時期で妻をゆっくり看取れず残念がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP