ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペックコンピュータ、Android 4.1を搭載した7インチゲーミングタブレット「SUPERGAMER俺」を発売、タッチパネル用ゲームの操作をゲームコントローラーに割り当てるボタンマッピング機能を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペックコンピュータは8月23日、タッチパネルボタンをゲームコントローラーに割り当てるボタンマッピング機能を搭載したゲーミングタブレット「SUPERGAMER俺」を発売しました。価格は16,800円(税込み)で、同社の直販サイトで販売されています。「SUPERGAMER俺」はAndroid 4.1.1(Jelly Bean)を搭載した画面サイズ7インチの小型タブレット。Archos GmaePadやJXD S7シリーズのように、ディスプレイの両端に物理的なゲームコントローラーを備えたゲームに特化した筐体仕様が特徴の製品。大抵のスマートフォンアプリはタッチパネルでの操作を前提として作成されており、そういうアプリでは画面上に表示されるボタンを使ってプレイしますが、「SUPERGAMER俺」にはタッチパネル用ゲームの操作をコントローラに割り当てるボタンマッピング機能が搭載されており、ポータブルゲーム機感覚でAndroidゲームをプレイすることができます(アプリによっては正常にマッピングされないこともあるとのことです)。製品はGoogle Playに対応しています。ディスプレイは7インチ1,024✗600ピクセルの液晶(5点マルチタッチ対応)、プロセッサはRockchip 3066 1.6GHzデュアルコア、RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は8GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは背面に200万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。その他、Micro USB端子(OTG対応)、Mini HDMI出力端子、3.5mmコンボジャック、マイク、スピーカー、Gセンサーも搭載しています。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetoothのみ。バッテリー容量は4,000mAhで、バッテリー駆動時間は約6時間。本体サイズは120mm × 236mm × 12.2mm、質量は359g。Source : スペックコンピュータSPECダイレクト



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X」が早くも分解される
Sony Mobile “Honami”の3色揃ったプレス画像が流出
MotorolaのスライドQWERTYキーボード付きスマートフォン「Droid 5」とされる端末の写真が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP