ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Verizon、「Droid Ultra」「Droid Maxx」「Droid Mini」の販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Moto X」より一足先に、Mototolaの米Verizon向け“Droid”新モデル「Droid Ultra」「Droid Maxx」「Droid Mini」の販売が開始されました。「Droid Ultra」は厚さ7.18mmの薄型ボディに5インチHD解像度のSuper AMOLEDディスプレイを搭載した大画面モデル。「Droid Maxx」は「Droid Ultra」のバッテリー増量モデルで、フル充電でバッテリー駆動時間は丸1日を超えるとされています。「Droid Mini」は、上記2機種のスペックを保ちつつ、画面サイズを4.3インチ(解像度はHD)に縮小したコンパクトモデル。3機種とも従来のRAZRスマートフォンのようにケブラーファイバーを用いて耐久性を高めたボディに、1.7GHz駆動のデュアルコアCPUを内蔵した「Motorola X8」プロセッサを搭載。Motorola X8に搭載されたNatural languageプロセッサとContextual computingプロセッサにより、常時音声操作を実行できる“タッチレスコントロール”、スリープ中でも通知を画面上に表示する“アクティブディスいプレイ”、本体を反転させるだけでカメラを起動できる“クイックキャプチャー”などの独自機能を実現しています。Droid新モデルの価格(2年契約時)は、「Droid Ultra」が$199、「Droid Maxx」が$299、「Droid Mini」が$99です。Motorola MobilityはGoogle傘下の企業ということで、この3機種を購入すると月額$9.99でGoogle Playミュージックの音楽が聴き放題の「All Access」が6ヶ月感無料になる特典が付いてきます。Source : MotorolaVerizon



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung SGH-N075がBluetooth SIGの認証を取得
PCのローカルストレージやNASのメディアをChromecastにストリーミングできるJavaアプリ「Fling」が公開
Motorolaの新フラッグシップ「Moto X」が米国で発売開始、「MotoMaker」もオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP