ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップル「iTunes Radio」9月から開始へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


posted by Jay Kogami

アップルの新音楽サービス「iTunes Radio」は9月から開始へ、大手ブランドと広告契約で合意

iTunes Radio

いよいよ本命がデビューですね。特に音楽業界と広告業界の方は気になるサービスになりそうです。

Appleが新しい音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」を9月からサービスを開始することが明らかになりました。またiTunes Radioでは世界的な大手ブランドが広告主となることも分かりました。AdAgeがiTunes Radioとその音楽ビジネスを詳細にレポートしています。

iTunes Radioは日産、マクドナルド、P&G、ペプシ、そしてもう1-2社の大手ブランドを広告パートナーとして、来月開始する模様です。Appleとブランドとの交渉に詳しい情報ソースによれば、契約内容は数百万ドルから数千万ドルの大規模に渡り、各ブランドは12ヶ月の広告キャンペーンをiTunes Radio上で実施します。

またAppleは各業種1社のみと広告契約を2013年末まで結びます。そのため、各ブランドは年末までiTunes Radioで競合が参加することなく独占的な広告を展開します。2014年からはより多くの企業へ広告を提供開始する予定です。この独占権のために、各ブランドは最低約100万ドルの支払いに同意したと情報ソースは伝えています。

iTunes Radioは、iOSデバイス/iTunesユーザーが無料で利用できる音楽ストリーミングサービスです。サービス自体は、ユーザーのiTunesでの購入履歴や趣味嗜好を分析し、各ユーザーに最適な音楽を自動レコメンドしてくれる、「パーソナライズド・ネットラジオ」です。サービスはiOS 7に搭載される無料サービスですが、楽曲の間に広告が挿入される広告ビジネスを採用しています。

Appleは9月に新しいiPhoneの発表を予定していると言われています。iTunes Radioは新型iPhoneにデフォルトでインストールされる予定です。

広告料と広告形態

サービスのローンチに当たり、広告パートナーはiTunes Radioが提供されるすべてのデバイスで広告を配信して行きます。2014年に入り、広告プランがより広い企業へと提供されるようになると、広告主は広告を表示する特定のデバイスを選択することが可能になります。iTunes Radioの広告料はスクリーンの大きさで決まると、匿名の広告エージェンシー取締役が答えています。例えば、iPhoneでの広告費は安く、最も高いのは、現時点ではApple TVです。

iTunes Radioの広告フォーマットは、3つのフォーマットで形成されます。オーディオ広告、動画広告、「slate」(スレート)と呼ばれるインタラクティブなディスプレイ広告です。ディスプレイ広告は、ユーザーが利用する端末(iPhone、iPad、iMac、MacBook、Windows PC、Apple TVなど)に応じて最適化され表示されます。

iTunes Radioユーザーには、15分毎にオーディオ広告が1度、1時間おきに動画広告が1度挿入されます。

特徴的な点として、広告主の何社かは自分たちがキュレーションした音楽プレイリストを公開します。これらのプレイリストは広告主のブランド名で表記されておらず、また通常のプレイリストに比べ、挿入される広告が少なくなります。その代わりにプレイリストのスポンサーシップを示すブランドの短い広告が挿入されるそうです(恐らくは「このプレイリストは○○がお届けします」のような形式と予想)。

これがiTunes Radioの広告ビジネスの全貌です。ユーザーは広告が嫌な場合、iTunes Matchに加入することで、iTunes Radioを広告無しで楽しむことが可能です。

iTunes Radioではユーザーは検索やオンデマンド再生が出来ません。その基本的点は競合するパンドラ(Pandora Radio)の機能と大きく変わりません。

しかしAppleや音楽業界は、iTunes RadioをPandoraでは実現できない新たな収益源として期待しています。ユーザーは流れている曲が欲しい時、アプリ内についている「Purchase」(購入)ボタンを即座にプッシュするだけでiTunesで楽曲購入が実現できます。このため、音楽ファンは新しい音楽と出会いながら、自分のコレクションを増やし続けることが可能になります。また音楽業界にはストリーミング再生のロイヤリティ料の他に、ダウンロード購入の取り分も収益化へ結びつけることが期待できます。

また大手企業がAppleの新音楽サービスに賛同していることから、一般ビジネスからもiTunes Radioは注目が高いと言えます。これが最初だけの勢いでなく、継続的にビジネスを拡大させられるかは非常に大きな注目点です。特に日本での展開、そして世界展開がどれ位早く実行できるのかには注目して行きたいです。

■記事元http://jaykogami.com/2013/08/3769.html


記事提供All Digital Music

■ジェイ・コウガミ プロフィールhttp://jaykogami.com/about
■Jay Kogami Twitterhttp://twitter.com/jaykogami
■Jay Kogami facebookhttps://www.facebook.com/JayKogamiPosterous

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP