ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z UltraのPTCRB認証に新ビルドのファームウェア「14.1.B.1.493」と「14.1.B.1.510」が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra」のPTCRB認証に、8月20日付で新ビルドのファームウェア「14.1.B.1.493」と「14.1.B.1.510」が追加されました。Xperia Z Ultraの中でも現在販売中の3G HSPA+版「C6802」には「14.1.B.0.475」が配信されています。新ビルドは「14.1.B.1.XXX」とアルファベット右側の数字を上げたビルドを採用しており、この変化から不具合の改善に加えて、機能追加も行われていると予想されます。「C6802」は、仕様上では「モバイルX-Realityエンジン」が搭載されることになっていますが、現行の在のファームウェアでは「モバイルBRAVIAエンジン2」が搭載されています。新ビルドでは機能の追加も行われている可能性が高いので、「モバイルX-Realityエンジン」を実装したファームウェアなのかもしれません。Source : PTCRB



(juggly.cn)記事関連リンク
ゲームに対する支出でGoogle Playストアが従来型のポータブルゲーム機を上回る
NTTドコモ、「スマートフォンラウンジ名古屋」を9月14日(土)にオープン
中国 OPPOの新型スマートフォン「OPPO N1」は背面タッチ機能を搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。