ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇多田ヒカルの母親として知られる歌手・藤圭子が死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


藤圭子 “女のブルース”ジャケット画像

“新宿の女”“女のブルース”などのヒット曲で知られる歌手の藤圭子が、本日8月22日に亡くなったことがあきらかとなった。享年62歳。各メディアの報道によると、彼女は本日午前に東京・新宿区にあるマンションの敷地内で倒れているところを発見され、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認されたという。マンションから転落死したものと見られている。

藤圭子は69年に“新宿の女”でレコード・デビュー。ドスの効いたハスキー・ヴォイスと深い情念の滲む歌世界で注目を集め、続く70年発表のシングル“女のブルース”や“圭子の夢は夜ひらく”などが連続で大ヒットを記録。同年作のファースト・アルバム『新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて』はオリコンの週間チャートで20週連続1位を獲得し、セカンド・アルバム『女のブルース』など3枚のアルバムで合わせて42週続けてチャートの1位を独占する、前人未到の記録を打ち立てた。

また、彼女は宇多田ヒカルの母親としても知られ、93年に当時夫だった音楽プロデューサーの宇多田照實と娘のヒカルと共に音楽ユニットのU3を結成してCDをリリース。2000年には宇多田ヒカルの札幌公演に飛び入り参加して“圭子の夢は夜ひらく”を歌った。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP