ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Nexus S用CyanogenMod 10.2 Nightlyビルドの公式提供が開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本日8月21日から「Google Nexus S」用のCyanogenMod 10.2 Nightlyの公式提供が開始されました。約2年半前に発売された「Nexus S」は、Android 4.1.2より上のOSバージョンへのアップデートは打ち切られていますが、CyanogenModのサポートはまだまだ継続されるようです。「CyanogenMod 10.2」はAOSPで公開されたAndroid 4.3をベースに開発されているカスタムROM。ROM本体とGAPPSをClockworkModリカバリやTWRPなどのカスタムリカバリを使ってインストールすることで導入できます。前回のCyanogeMod 10.1.xからOSバージョンが上がることによって、Bluetooth v4.0、OpenGL ES 3.0に対応、カメラアプリのUIが新しくなったほか、タブレットでは制限付きプロフィールなどの新機能を利用できるようになります。CyanogenModは日本語に対応していますが、現在のNightlyビルドは完全に日本語化されてません。CyagenonMod 10.2本体GAppsのダウンロード先(2013年8月14日時点の最新版はgapps-jb-20130813-signed.zip)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Vine」がv1.3.4にアップデート、投稿とコメントでメンションをサポート、@と#の挿入ボタンやユーザーIDとハッシュタグのオートコンプリート機能が追加
イーアクセス、香川県高松市の一部で下り最大300MbpsのLTEサービスの実証実験を開始
Google、8月26日(月)に日本で新端末の発表会を開催、新型Nexus 7を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。