体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラジオスタッフが目撃した“ももいろクローバーZの魅力”とは!?

ラジオスタッフが目撃した“ももいろクローバーZの魅力”とは!?
 8月4日の日産スタジアムワンマンコンサートを大盛況のうちに終えた、人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ。さらにワンマンの他にも、サマーソニックに参戦、また今度はアニメロサマーライブ、氣志團万博など各フェスへの参加を予定しているなど、その勢いは止まるところを知らない。

 そんな彼女たちがパーソナリティを務めるのが、ニッポン放送で日曜日午後10時から放送されているラジオ番組「ももクロくらぶxoxo」だ。メンバーたちの素がうかがえるということで人気の番組だが、7月25日に、ラジオ番組初の公式ブックとなる『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 公式ブック「うーぶろん・ら・ぽるとー! 」』(扶桑社/刊)が出版された。
 この公式ブックでは、ももクロがオリジナル衣装でめぐる「ニッポン放送たんけんツアー」やメンバーが大喜利に挑戦する「ハガキ職人への道」などの企画のほか、ラジオ収録の裏側や、公開録音イベントのレポートなど、メンバーのたくさんの写真とともに番組の軌跡を振り返ることができる内容となっている。また、付録CDにはラジオスタッフ自ら“8割方、放送事故”と評する、メンバーだけで作ったラジオ番組なども収録。ももいろクローバーZの魅力が詰まった豪華な一冊となっている。

 今回は「ももクロくらぶxoxo」をメンバーと一緒につくり上げているプロデューサーの松岡敦司さんとディレクターの杉山直さんに、ラジオ番組、そして公式ブックについてのインタビューを敢行。ももいろクローバーZの魅力について語ってもらった。
 前半部分では主に「ももクロくらぶxoxo」というラジオ番組について話を聞いていく。
(新刊JP編集部)

■ももクロにはその場の空気を一瞬で変える魅力がある

―ついにラジオ公式ブックが発売されましたが、反響はいかがですか?

杉山「おかげさまで大勢のみなさんにご予約いただきました。みなさんのお手先に届いたばかりだと思うので(このインタビューは発売翌日に行われた)まだ感想は聞いていませんが…」
松岡「あ、でもインターネットでは少し見かけましたね。付録CDにメンバーだけでつくったラジオを収録したんですが、8割が放送事故だろって。まあ、確かに8割、放送事故ですね(笑)だからこそ面白いんですよ」

―確かに私も8割、放送事故だと思いました(笑)付録CDのお話は後半で詳しくお話いただくとして、今回の公式ブックではどんなももいろクローバーZを打ち出そうと思ったのでしょうか。

杉山「彼女たちには年齢相応の女の子の側面と、天才という側面の両方があって、天才だと思わされることの方が多いんだけれど、正直なところ、いつ、その天才性が発揮されるのか、まだつかみきれていないんです。だから、この公式ブックでは、そういったスタッフ側が見ている彼女たちが出せればいいのかなと思っていましたね。メンバーだけでつくった放送事故のようなラジオ番組も、実際にああなっちゃったから出すしかないんですよ(笑)あれもね、ちゃんと編集すれば」
松岡「事故にはならないですよね」
杉山「そうなんですよ、事故にはならないんです。CDでは30分まるまる収録されていますけれど、5分に縮められます」
松岡「でも、編集はしないんです(笑)あれが、彼女たちの面白さですから。
僕自身は、本は魅せるものですから、写真を多めにして、ふだん見えない彼女たちを見てもらおうと思いましたね」
杉山「活字だけでは伝わらないこと、音だけでは伝わらないこともありますし、写真というのは効果的ですよね」

―この「ももクロくらぶxoxo」という番組を担当することになったとき、どんな番組にしようとお考えだったのですか?

松岡「この番組を担当する2年ほど前に、他の番組にゲストで来ていただいたことがあったんです。そのときに、ちょうど『Chai Maxx』っていう曲ができたばかりで、生放送が終わったあとに、スタジオの中でいきなり踊り始めたんですよ」

―いきなり踊り始めた。

松岡「そうなんです。できたばかりなので聴いてみてください、と。それでCDをかけたら、スタジオの隅っこの2畳あるかないかくらいのところで踊り始めて…。とんでもない破壊力ですよ。衝撃です。パワーを感じましたね。
そこで初めて、この子たちで番組作りたいと思ったのですが、彼女たちのすごいところって、いたずら心で『やっちゃう?』『やっちゃえ!』って本当にやっちゃって、その場の空気を全部変えるんです。そういう魅力を出したいと思っていましたね」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy